2015東京新聞杯、きさらぎ賞出走予定有力馬ルージュバック勝算は?

Pocket

今週行われる重賞はきさらぎ賞と東京新聞杯

メンバーの密度からいうと注目はきさらぎ賞の方でしょう。

一番の注目は牝馬 ルージュバック

牝馬での参戦はなかなか見られないきさらぎ賞ですが
今回は美浦からわざわざ参戦する異例の展開

前走の百日草特別は後方一気の差し切り勝ち

2着ベルーフを子ども扱いした切れ味は牝馬ならでは
パフォーマンスとしては十二分ですが
今回は初の関西遠征+初の右回り
当然不安要素はあります。

朝日杯で惨敗を喫した アッシュゴールド

過去4戦坂のない京都で好走、坂のある中京・阪神で惨敗と
現状では京都に適性があると判断できます。

今回は得意の舞台に変わり、兄弟が持っている成長力も
この馬にとって大きなプラス材料となりそうです。

気性の荒い部分など、不安材料はありますが
人気のないうちに買っておくという形もありかもしれません。

続いてポルトフィーノの子供 ポルトドートウィユ

前走のシクラメン賞では力強い末脚で抜け出しました。
血統面からも底力は期待出来ますが
母父クロフネの血が強く出ているパワー型

今回、京都に変わってどこまでパフォーマンスを保てるか
ここが焦点になりそうです。

今回少頭数でこの3頭が抜けている印象を受けます。

あとはスイープトウショウの子供 レガッタ

条件戦でくすぶっている印象がありながら
もう少し奥が深そうな グリュイエール

前走で未勝利戦を勝った ネオスターダム

この辺りに一角を崩すチャンスがありそうです。

もう一方の東京新聞杯ですが

主役は昨年2着で京都金杯でも2着になった エキストラエンド

昨年夏のスランプから脱出
徐々に調子を上げていき、実力を発揮できるようになってきました。

能力は間違いがなく、東京コースなら今回も好走確率は高い馬です。

京都金杯で4着に敗れた フルーキー

末脚が信条の馬ですが、父リダウツチョイスが影響してか切れ味はイマイチ
ですが、能力自体はG3なら通用する器で
推進力を活かせるようなスムーズな競馬が出来ればチャンスは十分。

京都金杯でフルーキーに先着した マイネルメリエンダ

この馬の武器は先行力、東京での実績はありませんが
前に行ってしぶといタイプで、当日の馬場が先行向きであれば
今回も色気を持てるでしょう。

それ以外で注目なのは4歳馬 タガノグランパ

3歳時は日本ダービーや菊花賞でも頑張りましたが
本来この馬が最も高いパフォーマンスを見せられるのはマイル戦

マイルチャンピオンシップでは惨敗しましたが
今回メンバーも弱くなって、仕切り直しの一戦。
期待が出来る馬です。

他には東京でこそ力を発揮できる サトノギャラント

3連勝で勢いにのる ヴァンセンヌ

マイルGI勝ちのある マイネルホウオウ

この辺りも上位争いに加わってもおかしくありません。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。