2015AJCC、東海S、京都牝馬S出走予定有力馬、切り馬は?

Pocket

今週の重賞は中山で行われるAJCC
京都で行われる東海ステークス、京都牝馬ステークス
この3つです。

なんといっても注目はAJCC

ゴールドシップが出走するという事で
メンバーが一気に締まった形になってきました。

ホープフルステークス、有馬記念と内差しが有効だった
馬場の傾向も少しずつ外差しも利くようになってきたので
ゴールドシップとしては有利に働いてきそうです。

ただ、今回はどう考えても1倍台前半の人気

馬券を買うという点では全く旨味がないので
勝負レースにはならないでしょう。

勝負するならゴールドシップを2着以下にしないと意味がありませんね。

その勝負が出来るかという事を考えていくと
能力最上位のフェイムゲームに注目をしなくてはいけません。

この馬は昨年東京の重賞を2つ買っていますが
本質的にはパワー型で中山向き。

個人的には有馬記念に出てくれば、と期待していましたが
それでも東京で2つ勝っている地力があります。

今回適条件でゴールドシップが内枠、フェイムゲームが外枠に入るようなら
逆転というところまで考えられる可能性を秘めています。

実績では昨年毎日王冠を勝ったエアソミュール
G3レベルなら勝ち負けが出来る馬ですが
G2レベルになると一歩足りません。

毎日王冠はワールドエースの自滅もあり
お世辞にもレベルが高いとは言えない内容だったので過信は禁物です。

同じ事はディープ産駒ディサイファにも言えますが
こちらは相手なりに走るタイプで、力の要る馬場も得意。

人気面での降下も考えるとエアソミュールよりは
期待値が高い存在である事は間違いありません。

穴扱いをされそうなのは4歳馬のショウナンラグーン、アデイインザライフ

ショウナンラグーンは本質的に中山が合うタイプではないので
今回は難しいと言わざるを得ません。
東京に戻ってからの重賞、ダイヤモンドSあたりで期待したい馬です。

アデイインザライフは昨年春の実績から能力は重賞級であることは
間違いありませんが、本質的には東京向きの馬。
それでも今の馬場であれば、走ってもおかしくないので
相手としては入れておきたい1頭です。

その他には中山巧者オーシャンブルーも今回は無視出来ない存在です。

東海ステークスもGIに向けた主役級が登場します。

最注目は昨年のフェブラリーステークス王者コパノリッキー

昨年は一年を通して活躍したとおり、地力は間違いない馬ですが
逃げ馬と言う事もあり、崩れたときの脆さも同居しています。

今回は1番人気で逃げ馬、軸には考えられないですね。

チャンピオンズカップで最先着したナムラビクター

この馬はパワー型の馬で、地力の高さはGI級ですが
スピード勝負には脆さがある馬
中京コースは昨年のGIの舞台でさほど心配する必要はありませんが
最も適性の高い舞台ではありません。

枠順も含めて取捨を考えたいですね。

同じくGIに出走したインカンテーション

こちらはGIで負けましたが、左回りは得意で今が旬の馬
平坦コースに良績が集中している点は不安ですが
人気上位2頭とは目立った差はないでしょう。

GI馬ニホンピロアワーズはもう旬を過ぎた感じ
ここからの復活はなかなか難しいですが
一発があるとしたら次走でしょう。

唯一の4歳馬ランウェイワルツも今はいい状態

追い込みという脚質からあてにしづらい点はありますが
中京ダート戦は後ろから差してくる馬にも出番があるので
有力馬が前に固まる今回は狙って妙味があるかもしれません。

能力では一歩劣る物の
マイネルバイカやトーシンイーグルなども
重賞級の力は備えており、無視は禁物です。

そして最後、土曜日に行われる
京都牝馬ステークスも少し言及しておきましょう

1月の開催を見ているとまだまだ内が伸びています。

なので、枠順が大きな鍵を握ってくる事は間違いありませんが
スピード能力の高いディープ産駒キャトルフィーユ、ウリウリ
予想検討の中心になってくるでしょう。

内をつければアロマティコ

スピード能力の高いフォーエバーモア

先行力のあるウインプリメーラ、ケイアイエレガント

地力としてはさほど差がないので
展開面を見極めてロス無い競馬が出来る馬をチョイスしていく事が
勝利への近道となるでしょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。