本命馬は決まるけど相手が絞れず買い目が増えてしまう。

Pocket

さて、今回は以前頂いた質問の回答をしたいと思います。

頂いた内容はこのようなものです。

―――――――――――――――――――――――――――

本命馬は決められるけれども、相手を決められないため
買い目が広がりすぎてしまい、負債もかさんでしまいます。

しかも、本命馬が穴馬なのでもし来た場合は絶対外したくない
と言う気持ちが強くなってしまいます。

―――――――――――――――――――――――――――

伝わりやすいように文章をちょっと変えさせて貰っていますが
このような悩みを抱えているようです。

しかも、こちらの方は過去に三連複57万馬券を的中させた経験があるようです。

素晴らしい実績ですね。

穴馬は馬券に絡む確率が低い訳ですから
たまに絡んだときは外したくない!

当然の心境です。

解決策の前に、まずは馬券のメカニズムについて話をしましょう。

馬券にはいろいろな種類がありますが3つに分かれます。

タイプ1:「単勝」「馬単」
タイプ2:「馬連」
タイプ3:「複勝」「ワイド」「3連複」「3連単」


この中で同一タイプに属している券種は基本的に同じです。

馬単は単勝の難しいバージョンというだけ同じ馬券なんですね。

どういう事かというと、

例えば、16頭立てで1頭から馬単総流しするのであれば
単勝を1500円買うのと期待値は全く変わらない
、という事です。

馬単を買うのに相手が絞れなくて総流しに近い形で買ってしまう
という事であれば、単勝を買うようにして下さい。

期待値は同じですし、購入額も調整出来るので
負債も減らす事が出来ます。

逆に買い目が多くなると言う事は
それくらいの期待値に落ち着いてしまうという事を
理解するいい機会でもありますね。

これと同じ原理で3連単・3連複で買い目が多くなってしまう
という方は複勝を買って下さい。

この答えで満足して貰えるなら、それでいいんですが

「単勝や複勝では物足りない!」

と感じる人の方が多いのではないかと思います。

そう感じた方へ少し厳しい事を言いますが

「物足りないレベルの予想しか出来ていない」

という事を認識して下さい。

そして馬券としては「単複+絞った馬券を買う」という事から始めるといいでしょう。

これなら的中は担保できます。

そして、その買い方をしている間に
外れる度胸、外れても揺れない心を身につけて下さい。

馬券は的中率ではなく回収率です。

4点勝負で万馬券を獲れば、GIは年1回当てればマイナスになりません。

予想力もさることながら、こういった馬券の原理を理解したうえで
その原理を活かせる感覚を身につけてしまえば、更に強くなれます。

是非、この感覚を身につけて下さい。

予想の具体的な方法については私のメールマガジンでやっている
「回収率アップ講座」の中で色々なノウハウをお話しています。

無料なので、気になる方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。