2015日経新春杯、京成杯出走予定有力馬、そして危ない馬

Pocket

今週のメインレースは

京都で行われる「日経新春杯」
中山で行われる「京成杯」

日経新春杯は古馬の骨っぽいメンバーが集まるG2
京成杯は距離が2000mになってからは皐月賞との繋がりが深いレース

どちらも見逃せない一戦なので、
出走予定有力馬を見ていきましょう。

まずは日経新春杯

主役となるのは昨年のチャンピオンであるサトノノブレス

走りが軽く瞬発力がないこの馬にとって
京都2400mは絶好の舞台。

昨年は1枠から4角先頭で押し切るような競馬でしたが
今年も瞬発力勝負にさえならなければ、勝ち負け出来そうです。

そして昨年2着馬アドマイヤフライト、3着馬フーラブライド
4着馬コウエイオトメ
という上位馬がこぞって出走します。

アドマイヤフライトはこのレース後低迷を続け
フーラブライドも能力は落ちてませんが、臨戦過程が昨年以下
コウエイオトメはこのレース以降一度も掲示板に載っていません。

という事で、フーラブライド以外は危険です。

目につくのは4歳馬

中でのハギノハイブリッドは京都でのG2勝ち経験があり
GI級のメンバーから相手が落ちるここは勝負気配を感じます。

タニノギムレット産駒で非力な走りをするため
京都競馬場は絶好の舞台だといえます。

若葉賞を勝ったアドマイヤデウスは日本ダービー以来の出走

ダービーでも勝ち馬から0.5秒差と僅差の競馬をしており
3歳時のパフォーマンスを見る限り
しっかりと成長さえしていれば、ここでも戦えます。

もう一頭の4歳馬ラングレー

こちらはディープ産駒の割には長距離専門といえる走りで
今回は強敵相手に通用するかどうか試金石だといえます。

あとは京都大賞典で2着となったタマモベストプレイ

この馬は今が充実期、平坦コースも得意で
ここでは侮れない1頭です。

重賞常連のダコールは一歩足りないですね。

もう一方の重賞京成杯ですが、正直まだ判断しかねる馬達が多いです。
その中でも気になる馬をピックアップしましょう。

まずはGIに出走した3勝馬コスモナインボール

走りも人気も非常に地味ですが、
先行して粘り切るのがこの馬の競馬

前走は前につけられなかったので、
今回はスムーズに前にいけるようなら、当然軽視してはいけません。

ほぼ同格のホープフルSからは3着ブラックバゴ

既に中山2000mを経験しているという点は大きく
前走は内から差してきたので、今回もロスなくレースが出来るようなら
かなりの確率で好走出来るでしょう。

4着ソールインパクトはスケールで言えばブラックバゴ以上

現在の中山はディープ産駒でも通用するので
今回はブラックバゴ以上に期待が出来る馬です。

エリカ賞を勝ったベルーフ、2着のクルーガー

関西の出世レースを好走したこの2頭は
上の2頭よりも人気になる可能性があります。

ベルーフはまだイマイチ結果が出せていないハービンジャー産駒の一番星となれるか。
クルーガーは前走初芝で今回更なる前進が見込めるかどうか

期待と不安を抱える2頭です。

双方のレースとも枠順が出るまで待ちましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。