【種牡馬分析】サウスヴィグラスの特徴を読む|なぜ地方で大活躍?

Pocket

今、地方競馬場でリーディングサイアーとして
君臨している種牡馬と言えば

「サウスヴィグラス」です。

父親はエンドスウィープ、母親もナスラッシュの血を継いでおり
完全なる非サンデー系の種牡馬ですが
なぜ、この馬がそれだけ地方場所で活躍をしているのか。

この馬のデータから分析をしていきましょう。

まずは芝とダートの成績比較から行っていきましょう。

芝レースはそもそもの出走数が少ないですが
中央場所では勝率5.8%、3着内率9.3%と低く
地方場所でも勝率3.4%、3着内率17.0%と高くありません。

比べてダートコースの方は
中央場所で勝率7.7%、3着内率23.5%と安定感があり
地方場所は勝率10.6%、3着内率26.6%とより一層安定します。

ダート専門の種牡馬である事がわかります。

それではダートの得意コースを調べていきましょう。

一番成績が良いのは函館競馬場で
勝率13.5%、3着内率40.5%と抜群の成績

次に成績が良いのが札幌競馬場の
勝率15.4%、3着内率34.6%と高い勝率を誇っています。

一方、成績が悪いのが中京競馬場
勝率6.5%、3着内率21.7%

次に成績が悪いのが京都競馬場の
勝率7.0%、3着内率22.5%となっています。

北海道シリーズで好成績という事は
夏シーズンの小回り右回りコースが得意という事です。

逆に広々としたコースでは若干成績が落ちて来るようです。

得意距離ですが、1300m以下のレースに良績を残しています。
1301m~1600m、1601m~2000mと比べてみましょう。

1300以下 勝率 9.3% 3着内率 26.4%
1600以下 勝率 8.7% 3着内率 22.4%
2000以下 勝率 6.7% 3着内率 20.7%

距離が短ければ短いほど力を発揮するという事がわかります。

最後に重馬場適性について調べてみましょう。

良馬場  勝率 8.4% 3着内率 24.5%
稍重馬場 勝率 10.6% 3着内率 29.6%
重馬場  勝率 9.2% 3着内率 22.0%
不良馬場 勝率 7.6% 3着内率 19.0%

ダートの中でもスピードが勝ったタイプなので
少し脚抜きのいい稍重馬場が一番高いパフォーマンスを見せています。

ただ、完全な不良馬場で馬場がグチャグチャになった時は
スピードが発揮されないようで、ダートレースでこその馬です。

まとめです。

ダート専用の種牡馬で短距離が得意。
加えて小回りの平坦コースに良績があるのが特徴

全て地方競馬場の特徴とリンクしますね。
なぜ、サウスヴィグラス産駒が地方場所で活躍をしているのか
これらのデータを見るとよくわかりますね。

JRAのレースでサウスヴィグラス産駒が出てきた時は
これらの特徴をよく頭に入れて
馬券の検討をするといいでしょう。

もし、貴方が具体的に馬券の回収率を上げたいと思ったら
私のメールマガジンに登録して下さい。

回収率100%ならすぐに達成できるようになります。

スポンサードリンク