マイル王か?連覇か?2014マイルチャンピオンシップ予定馬評価

Pocket

今週のメインレースはGIマイルチャンピオンシップ

秋のGIは重賞未勝利馬が立て続けに勝つという珍事が起こっています。

さすがにもうないだろうと思ったエリザベス女王杯も
重賞未勝利馬ラキシスが勝利。

今回も主役となる馬が2頭出走してきますが
なにやら不気味な臭いがしてきます。

1番人気濃厚なのは前走スワンステークスで古馬を蹴散らした

3歳マイル王 ミッキーアイル

前走は57kgを背負っての完勝。
この馬のスピード能力は他を圧倒していると言えます。

逃げ馬なので、どうしても展開に左右されがちですが
本当に強い逃げ馬は展開がどうあっても恰好をつけてくれます。

ミッキーアイルがそのレベルにあるかどうかが焦点となりますが
前走の内容を見ていると信頼度は高いと判断出来ます。

対するは昨年目の覚めるような末脚を見せた

前年王者 トーセンラー

前走の京都大賞典は上々の内容。
京都コースなら距離はどうでも走りますが
この馬の本質はマイラー。

今回の距離短縮はどう考えてもプラス。
春はあまり力を入れていない感じでもあり
今回はメイチでの出走と受け取れ好感を持てます。

ミッキーアイルとは脚質が違いますが、信頼度は高いでしょう。

この2頭に続く存在が2頭

同じ舞台マイラーズCを完勝したワールドエース

前走は思わぬ大敗を喫しましたが
展開と枠順が最悪の結果を招いたとも判断出来
まだ見捨てるには早すぎます。

春に見せたパフォーマンスからは
上記の2頭を逆転するだけの力は十分に持っています。

もう一頭は京都巧者のグランデッツァ

この馬は都大路ステークスを勝ってから
著しく低迷していますが
都大路ステークスでのパフォーマンスと
持っている潜在能力は上の3頭にひけをとりません。

あとは自分の力を出してくれるかどうか
この1点に尽きるでしょう。

この4頭以下は少し能力が落ちる印象です。

筆頭はスワンステークスを3着だった フィエロ

この馬は重賞勝ちこそありませんが
常に堅実に走れる馬で、重賞は優に勝てる能力があります。

今年の重賞未勝利馬が勝っているというジンクスを優先するなら
この馬が非常に怪しいという形になりますが
ジンクスを予想に踏まえる必要はありません。

能力上位馬が崩れたときの食い込みだけを注意しておけばいいでしょう。

そのフィエロに前走先着した サンライズメジャー

この馬はパワータイプで阪神から京都に替わる今回は明らかにマイナス
能力的にも一線落ちるので、買わなくていいでしょう。

重賞連勝でここを迎える クラレント

この馬は左回りの方が良いタイプで
直線でも切れ味があるタイプではありません。

相手がグッと強化される今回はよほどうまく立ち回らないと
展開面からも脚質面からも通用しません。
良くて掲示板まで、という評価で十分です。

昨年のマイルチャンピオンシップ2着馬ダイワマッジョーレ

夏から極度の不振にあえいでいます。
状態さえ戻れば、馬券への食い込みが考えられる実力馬ですが
今回は勢いも薄く、台頭の可能性は薄いと言わざるを得ません。

それなら昨年3着のダノンシャークの方が可能性はあります。

前走は前崩れの展開を無理に押し上げた鞍上の騎乗ミス
今回は誰が騎乗するかにもよりますが
外国人騎手が乗ってくるようなら俄然チャンスが広がるでしょう。

能力で逆転があるとすれば安田記念2着のグランプリボス

マイルチャンピオンシップ優勝歴のあるサダムパテック

この2頭はムラなタイプなので、信頼度は低いですが
穴を狙うのであれば、うってつけの存在ですね。

ロゴタイプは今回不得手の京都
迷わず切りでいいでしょう。