2014秋華賞、府中牝馬S回顧|騎手がレースに占める重要性

Pocket

先日行われた秋華賞

内から鋭く抜け出したショウナンパンドラが念願の初タイトルを獲得

元々素質のある走りを披露していましたが
秋になってその素質を発揮出来るようになってきました。

とはいえ、今回の勝利は浜中騎手の好騎乗
内が伸びる京都コースをしっかりと内で溜めに溜めて
直線も内をつくという勝負騎乗

こういった勝負騎乗をする騎手は一流であると同時に
大きい舞台で活躍できる騎手です。

対照的だったのは4着ブランネージュ

最内枠を引きショウナンパンドラのようなレースが
出来る絶好の条件でしたが
中途半端に後ろに出して外に出しました。

おそらく浜中騎手のような騎乗をしていれば
勝ち負けまであった内容だったので、
リーディング上位の騎手と下位の騎手の違いが出たといえます。

1番人気ヌーヴォレコルトはスタートがイマイチだったので
今回のレースは仕方ないところでしょう。

実力は見せたし、パフォーマンスも一番上だったので
ハープスターを除く3歳牝馬ではナンバー1である事は間違いありません。

3着タガノエトワールも連続して好走

そもそも未勝利から重賞にぶつけて2着にくるんですから
能力はあるのは間違いないんですが
今回は不向きな京都でもここまで走れたという事は
思った以上に能力が高い証拠。

いずれは重賞を勝つ馬です。

レッドリヴェールは今回も伸びませんでした。

小柄な馬で秋を越して成長している感じもなかったので
もう1シーズン休んで来年の春に仕切り直しがベスト
今秋に出てくるようなら外してOKの馬です。

スピード競馬が向かないレーヴデトワール、サングレアルは
今回は難しかったです。

予想でも切り馬として推奨していましたが
やはり条件が合わない馬は好走するのが難しいですね。

土曜日に行われた重賞府中牝馬ステークスは
良血ディアデラマドレが勝利。

最後に見せた末脚は母ディアデラノビアを彷彿とさせます。
距離が伸びてもまったく問題もなく地力も十分
GIでも通用する器ですが、即主役とはならないでしょう。

2着スマートレイアーも今回は良いレースが出来ました。

本質的にはパワー型でエンジンの掛かりが遅い馬なので
直線が長く、ゆったりとレース出来る方がいいでしょう。

3着ホエールキャプチャは地力を見せました。

外枠だったので、今回のレースはベストでしょう。
GIで通用する地力は今はなくなってしまったと思いますが
G3、G2であれば、まだ出番のある馬です。

勿体なかったのは4着キャトルフィーユ

この馬は追って味があるタイプではないので
後ろからレースをしてはいけないタイプ

それを後ろから差す競馬をしては当然勝てる訳がありません。
完全な騎乗ミスですね。

ホエールキャプチャのような競馬が出来れば
おそらく押し切っていたと思います。
騎手によって馬の成績は全く変わる事がわかるレースでした。

能力勝負なら互角以上のものがあるので
次走人気を落とすようなら絶好の狙い目ですね。

5着アイスフォーリスは能力だけ走りましたが
相手が強かったということでしょう。

東京は合うスピード馬なので
もう少しクラスになれてくれば
重賞は勝てる馬です。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。