1強ヌーヴォレコルトに不安要素は?2014秋華賞予想

Pocket

今週のメインレースは3歳牝馬GI最終戦「秋華賞」です。

春からトップの存在として君臨していたハープスターが
凱旋門賞参戦の為、出走せず。

これで他の馬にもチャンス有り

と、思いきやオークス馬ヌーヴォレコルトが
前哨戦ローズステークスを完勝したことで
”この馬で仕方なし” みたいな雰囲気が出てきました。

果たして不安要素は0なのでしょうか?

前走は内をうまく捌いてあっという間に抜け出す競馬
明らかに内回りの秋華賞を意識した競馬で
不安がないように思えます。

が、私は前走で減った馬体重の影響が気になります。

デビュー以来一番軽い馬体重でローズステークスを走ったわけですから
当然これ以上馬体を落とさないような軽めの調整となるでしょう。

単勝1倍台前半の馬がこういった状態で出走となると
やはり本命にするのはふさわしくありません。

好走率・的中率よりも期待値の問題ですね。

なので対抗評価とします。

本命は ブランネージュ です。

この馬は、前走から注目していて、ローズS本命も考えた馬でしたが
阪神芝2000mはシンボリクリスエス産駒の成績が
著しく悪かったので、本命を見送った馬。

そのローズSは上々の走りで4着
もともとスピードが売りの先行馬で京都でこその馬です。

今回は最内枠を引いて、行き脚さえつけば
一番ロスのない競馬が出来るはず
(秋山騎手という点はかなり不安ですが)

前走とは全く違うパフォーマンスを見せてくれるはずです。

3番手は バウンスシャッセ です。

本来中山などのパワーがあった方が良いタイプですが
オークスで見せた末脚は能力の高さの証明といえます。

元々は先行馬なので、うまくレースの流れに乗れれば
一発がある魅力のある馬です。
乗り方一つですね。

次に マイネグレヴィル

ブランネージュやバウンスシャッセに重い印を付けたのも
京都芝2000mは内枠有利、先行馬有利という
顕著な傾向があるから、という理由があるんですが

このマイネグレヴィルは陣営が逃げ宣言をしている通り
スタートさえ決まれば、逃げてくれる公算が大きく
前で決まるような競馬になれば、まず外せない馬なので
相手としていれておきました。

あとはとにかく能力の高いレッドリヴェール

差しという脚質が微妙もスピード競馬に
高い適性を持つショウナンパンドラまでを押さえます。

馬券の買い方ですが、

ブランネージュ1着でヌーヴォレコルト2,3着の
3連単はまず押さえなくてはいけないでしょう。

ヌーヴォレコルトが本命でないだけに
馬連や3連複などブランネージュから流すのもいいですね。

最後にひとつだけお話をしておくと

先ほど京都芝2000mは内枠・先行有利と話しましたが
秋華賞に限ると案外差しが決まっている事が多かったりします。

GIなので、各馬早めの仕掛けで勝ちに行く競馬をしている
という事も理由としては挙げられるでしょう。

なので、後ろ有利の展開になれば、予想は外れます。

逆に前が有利の展開になればかなり期待できるでしょう。

何が言いたいかというと
展開を読んで馬券を買うときは

『決してひよるな!』

という事。

1レースごとに外れるのを怖がっていては
決して馬券で勝つことは出来ません。

何が目的なのか?

たいていの人は長期スパンで馬券で勝つことが目的だと思います。

展開を読んで決めうちするのであれば
決してそのレースを当てようと手を広げるのではなく
適性のある馬を絞って、ぐっと勝負して下さい。

的中したときの利益が大きくなりますし
強いては競馬で勝つことにつながります。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。