2014秋華賞はヌーヴォレコルト1強か?出走予定有力馬と展開予想

Pocket

今週のメインレースはGI秋華賞

トライアルを終えて皆が思っている事

それは…

「ヌーヴォレコルト1強のレース」

という事

実績と臨戦過程から考えるとこの結論は仕方ないでしょう。

それほどにヌーヴォレコルトが見せた成長力と
レースぶりは説得力がありました。

ただ、1点気になるのは前走マイナス馬体重で出走した点

今回は栗東調整ですから、ある程度プラスで出てくるのでは
ないかと思いますが、俗に言う2走ボケの可能性は十分にあります。

調整の難しい牝馬ですから、馬体重の発表は気をつけるべきでしょう。

能力的に互角のレッドリヴェールは状態が戻るかが焦点

走り自体は全くいいところなしでしたが
もう少し馬体も戻ってくるようなら
能力はあるので、一発に賭ける事が出来る馬です。

逆に外して勝負する事も出来ますね。

3番手以下は混戦となりますが、京都芝2000mは
内回りなので、展開としては前で競馬をする馬が圧倒的に有利
というデータがあります。

そこを踏まえるとローズS3着のリラヴァティが浮上します。

ただ、この馬はゼンノロブロイ産駒の割には
坂のあるコースの方が好走しており
スピード比べに脆い点が若干心配です。

その点を考慮するとローズS4着のブランネージュが注目です。

この馬は逆にスピードの持続力比べに長けており
先行さえ出来れば押し切る場面も十分に考えられます。

あとは内枠を引けるか、そして鞍上が前に行く決断を出来るか
内枠で外人騎手であれば、無条件で買いですね。

ローズS2着のタガノエトワールは実績的に計るのが難しい馬です。

が、キンカメ産駒という事でスピード勝負よりも
前走のような坂のあるパワー勝負の方が向く可能性が高いでしょう。

同じ事はレーヴデトワール、サングレアルにも言えます。
坂のない内回りコースでは条件的に不利でしょう。

スピード勝負ならショウナンパンドラは十分太刀打ち出来ます。

走りからも重賞級のスケールを見せており、狙いたくなる馬です。
ただ、後方一気タイプのこの馬に京都内回りは厳しいのも事実
内が空いてスパッと差してこれれば、大駆けはあるでしょう。
こちらも枠と騎手に注目です。

別路線からはオークス3着のバウンスシャッセ

こちらはパワータイプで馬場が合いませんが
先行出来る脚質と地力の高さで通用する下地はあります。
無視は出来ませんね。

以上が出走予定有力馬の評価と展開面での恩恵です。

現3歳世代は適性がはっきりと分かれている馬が多いので
京都芝2000mという条件を考えると
有利不利をきっちりと分ける事が出来ます。

なので、馬券の方も十分狙えそうですね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。