2014凱旋門賞を勝つ日本馬はいるか?勝率分析をした!

Pocket

今週の競馬界はこの話題を避けては通れないので
話をする事にしました。

『2014年 凱旋門賞』

日本から参戦するハープスター、ゴールドシップ、ジャスタウェイには
期待が広がりますが、私個人としては今年は難しいと思っています。

レースに絶対はないし、相手があっての事なので
もちろん勝利する可能性があるとは思いますが
昨年・一昨年のオルフェーヴルを見ていると
今年の3頭が勝つには大きな壁があるように感じます。

ゴールドシップはステイゴールド産駒らしく
欧州の馬場も向くでしょうが、素軽さに欠ける点があり
勝負どころで機敏に反応するのは難しそう。

底力で勝るジャスタウェイは距離が長すぎて
この馬の持っている力を発揮出来ないでしょう。

私の感覚としては
ジャスタウェイの底力とゴールドシップのパワーを
兼ね備えていたのが「オルフェーヴル」という存在でした。

オルフェーヴルが勝てなかったレースを
この2頭が勝てるとは思いません。

一番チャンスがあるとしたらハープスターです。

歴史が物語っているように3歳馬の斤量アドバンテージは
相当に大きなもので、過去3歳牝馬で凱旋門賞に出走した
日本馬はいない訳ですから、期待が広がります。

ただ、ハープスターの場合は非力なスピードタイプの馬だという
適性面での不利な材料があります。

おそらく昨年のキズナ+αくらいのパフォーマンスになるでしょう。
そのパフォーマンスで勝てるメンバー構成ならチャンスは十分あります。

外国馬はいろいろな情報が飛び交っていますが
正直、レースをチェックしている訳ではないし
戦ってみないとわからないというのが事実。

ただ、ハープスターもゴールドシップもジャスタウェイも
例年の勝ち馬レベルには達していないと判断します。

プロの馬券師として予想をするなら“3頭とも切り”です。

とは言うものの、実際に馬券を買えるわけではないので
純粋な1競馬ファンとして3頭を応援したいと思います。

今回はフジテレビで生放送するとのことなので
皆さんライヴで見られます。

一緒に応援しましょう!!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。