2014スプリンターズS出走予定有力馬の評価と買ってはいけない馬

Pocket

いよいよ今週からGIが始まります。

スタートは短距離王者決定戦スプリンターズS

テレビCMでも頻繁にやっていますが
今年は新潟競馬場で行われます。

前回新潟で行われた時はビリーヴが勝ちました。
2着アドマイヤコジーン、3着ショウナンカンプと
前残りで3頭がデットヒートを繰り広げる展開になりましたが
今年のスプリンターズSはちょっと違う展開になりそうです。

主役はセントウルS2着のハクサンムーン

昨年秋の実績からすれば、優にGI級の能力があるのはわかりますし
前回は控えての競馬で2着をいかにもトライアルらしい内容で
今回は勝負をかけているのが伺えます。

不安点と言えば今年は新潟で行われるという点。
内回りは有利ですが、スタミナ・パワーを問われる
現在の馬場は足下をすくわれる可能性があるでしょう。

対するは春の王者コパノリチャード

高松宮記念は圧巻の勝ち方でしたが、続く京王杯SCでは惨敗と
勝つ時と負ける時の差が激しいタイプ。
今回も自分の力さえ出せれば、確実にV圏に入れる馬です。
パワータイプなので、今の新潟も問題ないでしょう。
あとは真面目に走るかどうかだけです。

堅実味をとるならストレイトガール

前走こそ周りに囲まれて競馬になりませんでしたが
常に力を発揮出来る優等生タイプ。
地力もGIに届くレベルで侮れません。

能力的にはこの3頭ですが、
伏兵陣も実力馬が集まっています。

キーンランドCの1,2着馬ローブティサージュとレッドオーヴァル

2頭とも1200mに路線を変更して再び輝きを取り戻した馬ですが
ローブティサージュは器用な馬で馬群がごちゃつくような
展開になれば十分に出番はあるでしょう。

一方、レッドオーヴァルは不器用な面はあるものの
能力はローブティサージュよりも上で
展開がはまれば上位に食い込めるでしょう。

アイビスサマーダッシュを圧勝したセイコーライコウ
再び新潟でレース出来る点が最大の利点ですが
地力面では上位の馬に一歩劣る点は否めないでしょう。

函館スプリントSを勝ったガルボも不気味な存在です。

スプリント戦が合うタイプではありませんが
今の新潟の条件はいかにもこの馬向きで
地力面から頭まで考えられる馬です。

他ではセントウルSで猛然と追い込んだマヤノリュウジン
高松宮記念で2着にきたスノードラゴン
古豪マジンプロスパー、ダッシャーゴーゴーなど
リトルゲルダの出走取り消しは残念ですが
絶対的な王者はいない中でレベルの高い一戦となりそうです。

また内回り戦という事で枠順も大きく結果を左右しそうです。

予想は日曜日に公開する予定です。