2013京都大賞典、毎日王冠予想。ゴールドシップを負かせる馬は?

Pocket

2013京都大賞典 メイショウカンパク
(昨年の京都大賞典メイショウカンパク)

今日は京都競馬場で京都大賞典
東京競馬場で毎日王冠が行われます。

秋のGIを占う上で見逃すことの出来ない一戦です。
早速予想を始めたいと思います。

まずはゴールドシップが登場する京都大賞典から

京都大賞典 勝負度合い 50%

今、日本にいる馬の中では間違いなく現役最強のゴールドシップ
いつもは調教動かない馬ですが、今回は調教も動きました。
ということで

本命は ゴールドシップ です。

この馬を負かせる馬は?
と考えたときに「いない」という答え以外が思いつきませんでした。
あるとしたら春の天皇賞のような自滅パターンですが
ちょっとそれも考えづらいので素直に相手探しです。

普通に考えればトーセンラーです。
ですが、この組合せは人気になりすぎで買うなら1点でしょう。
問題はトーセンラーをそこまで信頼出来るのか、という点です。

天気はなんとか持ちそうですが、テン乗りの幸騎手という点も
不安要素になるので、ここはトーセンラーを切りたいと思います。

そうなると近走いい走りを見せている勢いで選ぶのか
近走はイマイチでも地力のある馬を選ぶのか
この2択になりますが、私は後者を選択します。

相手はトゥザグローリー、トレイルブレイザーの2頭

人気の面では盲点となるので、ここは狙う価値がありそうですが
いずれにしてもゴールドシップ一本被りになりそうなので
それほど狙えるレースではなさそうです。

対する毎日王冠はハイレベルに拮抗したメンバーが揃いました。
こちらは本命を決めるのは非常に難しいレースですね。

毎日王冠 勝負度合い 45%

本命は ダークシャドウ です。

最近は走りにインパクトがなくなってきてしまっていますが
元々東京コースは大得意で2年前の毎日王冠も勝っています。
地力では見劣ることがなく、そろそろ出番がありそうなので期待しました。

相手は現役屈指のマイラージャスタウェイ
前で競馬の出来るレッドスパーダ
状態イマイチも地力NO1ショウナンマイティ
東京巧者クラレント
最後に3歳馬コディーノ

この5点を馬連勝負とします。

あまり軸の信頼度と回収率からそれほどオススメ
出来るレースではありませんが、
ダークシャドウの復活に期待しましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。