2014秋華賞の出走予定有力馬について各馬の評価

Pocket

先週のローズステークスが終了して
秋華賞はほぼメンバーが固まった感じです。

本番の検討にはまだ早いですが
トライアルを見て分かったことがあるので
秋華賞の検討に使って下さい。

まずローズステークスを勝ったヌーヴォレコルトですが
能力が一つ上だと判断して良いですね。

3歳牝馬は夏を越すと急に萎んでしまう馬もいますが
前走は楽勝だったし、秋華賞は同じくらいのデキで出てくるでしょう。

ここはみんな分かってることだからいいですね。

6着に負けたレッドリヴェールは悪い負け方でしたね。

小柄な馬で叩いて一変という可能性は低いとみるべきでしょう。

ただ、春のパフォーマンスから完全に外すというのは危険ですね。
ガチンコでヌーヴォレコルトに勝てるのはこの馬くらいですから。

同じくローズSで惨敗したサングレアル

この馬は秋華賞では難しいでしょう。

父がゼンノロブロイになってちょっと走りに偏りが見えます。

京都内回りをこなせる馬ではないし、馬体の回復もイマイチ
買ってはいけない馬の典型ですね。

ローズS2着のタガノエトワールはあのキャリアで2着に来る訳ですから
能力は持っている馬だと思います。

ですが、常識的に考えれば今回あれだけ走って
次も同じだけ走れるとは考えづらいですね。

キンカメ産駒で京都2000m内回りに舞台が変わるのも
あまりいい材料とは言えません。

本番で内枠に入ったときだけヒモくらいに考えておけばいいでしょう。

それならローズS3着リラヴァティの可能性はあるでしょう

前々走は条件戦で負けましたが、もともと能力がある事は分かっています。

ヌーヴォを逆転するほどの能力はありませんが
ローズSのように相手の1頭なら十分に考えられるでしょう。

ただ、京都に替わる事はマイナスだと捉える必要がありますね。

京都替わりがプラスに出るのはローズS4着のブランネージュ
シンボリクリスエス産駒らしくスピードを持続させるタイプで
坂のない京都ならもっと力を出す事が出来るでしょう。

あとは騎手ですね、外国人騎手に乗り替われば
かなり買える馬になると思いますが
秋山騎手はちょっと不安材料ですね。

紫苑ステークスを勝ったレーヴデトワールはパワー型の馬

前走勝ったのに驚きましたが、京都内回りはさらに条件が悪くなり
この馬もサングレアル同様、買ってはいけない馬ですね。

それなら2着のショウナンパンドラの方が適性はあります。

地力面では底が割れた印象はありますが
瞬発力があるので、内をついて差してくるようなら
チャンスは十分にあるでしょう。

別路線筆頭はオークス3着のバウンスシャッセ

この馬はスピードで勝負する馬ではないので
京都コースでの適性はありません。

ただ、地力があって今回は人気を落としそうなので
ヒモには加えても良いかもしれません。
絞るなら迷わず切りです。

今年は上がり馬に乏しく春の実績馬同士の戦いとなる公算が大きいです。
そういった点では予想を組み立てやすいレースになりそうです。

秋華賞は内回りコースなのである程度前に行ける器用さと
下りからそのまま押し切れるスピードが必要になるので
その点を考慮すると非常に予想しやすくなります。

前走の着順だけに惑わされず、能力と適性を判断する事が
回収率を上げる唯一の方法なので是非実践して下さい。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。