【馬券攻略:予想論】強い馬、能力の高い馬を見極める方法


その馬の強さを見極める一つの方法として
”距離・コース別でのパフォーマンス”という要素があります。

ある一定の条件でしか強いパフォーマンスを発揮出来ない馬は
「その距離やコースが得意だから」と理由付けられますが
違う距離、違う競馬場で強いパフォーマンスを見せる馬は
そもそも能力が高いと位置づけられます。

例えば歴代牝馬の中でも1,2を争う評価を得ている
「ウオッカ」と「ダイワスカーレット」

ウオッカはGI7勝という抜群の成績を残し
東京コースで高いパフォーマンスを発揮していましたが
他の競馬場では非常に脆く、最終的に東京競馬場でしか
出走しない馬になっていました。

一方ダイワスカーレットはGI3勝と実績では
ウオッカに劣る物の、どの競馬場でもどの距離でも
高いパフォーマンスを発揮して好走し続けました。

この2頭が対決した2008年の天皇賞・秋

結果はハナ差でウオッカに軍配があがりましたが
順調に使ってベストの東京で走ったウオッカ
久々のレースで相手のベストの舞台で走ったダイワスカーレット

レース後、安藤勝騎手が

「この馬(ダイワスカーレット)は向こう(ウオッカより)
だいぶ上にいることがわかった」

と語っていたようにどちらの力が上かは明らかです。

これがわかっていると予想するのにかなり楽です。
能力は上なのに人気がない馬、能力がないのに人気がある馬
というパターンが発生すれば、あとはその馬を
蹴るか乗るか決めておけばいいだけです。

当然競馬ですから、能力だけで着順は決まりませんが
もちろん回収率は高くなりますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。