2014セントライト記念、ローズステークス出走予定有力馬を検証

Pocket

今週の重賞はセントライト記念とローズステークス

3歳クラシックの最後のGI菊花賞、秋華賞(秋華賞はクラシックとは呼びませんが)
に向け、3歳トップレベルの馬が出走してきます。

春主役を務めた馬達が出走してくるので
レースがグッと締まりますね。

まずは菊花賞に向けた牡馬の戦いセントライト記念から見ていきましょう。

主役は皐月賞馬 イスラボニータ

2歳から3歳春までの成績はパーフェクト
日本ダービーは枠順の差でわずかに負けた印象で
2400mという距離が問題ありません。

フジキセキ産駒は成長力に課題がある馬が多く
この馬がこの夏でどれだけ成長しているかが焦点となりそうです。
ただ、成長度合いが低くても今回のメンバーなら好走は必至
無理に逆らう要素の無い馬です。

相手筆頭は皐月賞2着の トゥザワールド

こちらも日本ダービーこそ連を外しましたが
ここまでほぼパーフェクトな成績を残しています。

ただ、瞬発力に乏しいタイプで今年の新潟コースの適性がどうか
(2200m内回りはプラスでしょうが)
また春から大人びたレースを続けていた馬で
完成された印象があり、成長も疑問。

決定的に外すというところまでは至りませんが、危険な人気馬です。

そのトゥザワールドに日本ダービーで先着したタガノグランパ

前走は能力の証明とも言えますが、本質的にマイルが合う馬で
新潟2200m内回りをこなせるかは不安が大きい馬です。

日本ダービーで最速の上がりを見せたショウナンラグーンですが
春のレースは後方からズドンというタイプで
内回りコースをこなせるかはかなりの不安と言わざるを得ません。

その他、ダービー組ではワールドインパクト、ハギノハイブリッドが出走を予定してます。

他の路線では皐月賞5着のステファノス、8着のクラリティーシチーも
その後のレースで好走をしてからの出走。
青葉賞3着のヤマノウィザードは能力のある馬です。

ワンアンドオンリーを除いた有力馬が出走しているといっても過言でもなく
熱いレースが期待できます。

一方、阪神で行われるローズステークスの方は
ハープスターを除いた春の実績馬が出走してくるので
秋華賞とほとんど同じメンバーといえるほどの豪華なレースです。

主役はオークスでハープスターを下した ヌーヴォレコルト

チューリップ賞ではハープスターに軽くひねられた印象でしたが
どんどん成長を重ねて強くなりました。

今回も更なる成長を見せてくれそうな予感があり
ここでは不動の中心となりそうです。

相手筆頭は桜花賞2着馬 レッドリヴェール

ダービーこそ牡馬相手に全く通用しませんでしたが
実績でいえばヌーヴォレコルトと双璧と言える馬です。

今回は惨敗の後でどこまで仕上げて来るのか
非常に小柄な馬なのでどこまで馬体を戻してこれるか
自分自身との戦いといえる一戦になります。

実績3番手フローラステークス勝ちのサングレアル

良血馬で期待されている馬ですが
父ゼンノロブロイになって器用さに欠ける面が見受けられます。

今回阪神1800mでどこまで戦えるか、
期待よりも不安の方が大きいと言えるでしょう。

フローラS2着のブランネージュも実績上位

こちらは前で競馬を進められるタイプで今回の舞台も合います。
地力面では上位2頭には一歩劣りますが
もともと堅実なタイプで今回は狙える一頭です。

前走は不発もチューリップ賞3着のリラヴァティ
マーガレットSを勝ったダンツキャンサー
忘れな草賞を勝ったディルガ

今年は勢いのある上がり馬がいないので
実績馬同士の戦いとなりそうです。