アドマイヤムーン産駒の特徴を分析|エンドスウィープの血統を継ぐ者

Pocket

サンデーサイレンス直系の種牡馬が競馬界を席巻する中
徐々に頭角を現してきた種牡馬が

アドマイヤムーン です。

この馬、非サンデー系と思いきや
アドマイヤムーンの母マイケイティーズの父親がサンデーサイレンスで
なにげにサンデーの血統を引き継いでいます。

アドマイヤムーン自身はジャパンカップ、宝塚記念を制しており
中距離から長距離の芝を得意としていましたが、産駒はどうでしょうか。

成績から分析していきましょう。

2013リーディングサイアーランキングでは16位

初年度(2011)63位、2012年29位と
徐々に産駒が成績を上げています。

最初に得意コースを見ていきます。

○芝コース

複勝率31%でトップなのは函館競馬場
勝率14.8%でトップなのは札幌競馬場

小倉競馬場での成績もよく、ローカル場所に強い事がわかります。

中央場所では阪神競馬場が好成績

東京・中山・中京では成績が悪く、右回りよりも左回りの方が苦手としています。

○ダートコース

こちらは芝と比べるとかなり成績が下がりますが
芝と同様ローカル場所の方が成績が良くなります。

特に東京競馬場のダートコースは複勝率6.7%と壊滅的な数字

「府中でのアドマイヤムーンはなし」

といえます。

産駒の距離別成績を見てみましょう。

芝コースの方は勝率・連対率・複勝率共に1300m以下がトップ
距離が伸びれば伸びるほど成績が悪くなり
アドマイヤムーンがジャパンカップを勝った2400mでは
2013年は勝ち星ゼロ

芝の距離適性はかなり短距離に偏っていると言えます。

一方ダートは芝同様短距離でもある程度の成績を残していますが
2000mでもほぼ同様の成績を残しているので
ダートに関しては距離の融通が利くようです。

続いて重馬場適性についても見てみましょう。

芝は良馬場の勝率が稍重・重の倍近い数字になっており
原則的に良馬場で力を発揮できる産駒が多い事がわかります。

ダートは逆に不良馬場が好成績。

エンドスウィープ→アドマイヤムーンと引き継がれた
スピードが活かせる馬場状態が得意である事がわかります。

ここまで得意なコース、得意な距離、馬場適性について
データを出して話してきましたが

アドマイヤムーン産駒の最大の特徴は ”スピード” です。

逆に言えばスタミナ・パワーに弱いという事でもあり
スピードで押し切れる小回りコース
スピードで押し切れる距離
スピードが活かせる馬場

これらの条件でアドマイヤムーンは力を発揮します。

開幕週の馬場は要注意ですね。

今回利用したデータは

『種牡馬最強データ14~15』

に載っている内容を基にお話をしています。

馬のデータが十分に取れていないレースなどは
こういった血統はかなり有効な予想の手段となります。

以下からこの本の詳細を見ることが出来るので
興味があったら見てみて下さい。

種牡馬最強データ(’14〜’15)詳細はココ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。