2014キーンランドC、新潟2歳S回顧ミュゼスルタンの可能性は?

Pocket

先日行われた重賞新潟2歳ステークスとキーンランドC

双方の重賞の回顧をすると共に
有力馬の次走の可能性について探っていきましょう。

まずはレコード決着となった新潟2歳ステークス

僅差ながらミュゼスルタンが勝利を手にしました。

直線での反応が素晴らしく新潟でなくても
力を発揮出来る馬ですね。

走りもスタミナ・パワーがある感じだったので
東京より中山の方が力を発揮できる馬です。

骨折は残念ですが、来年に期待しましょう。

対するアヴニールマルシェはエンジンのかかりが遅く
東京向けの馬だと言えます。

スケールはミュゼスルタンよりも上ですが
坂のあるコースは割引が必要ですね。

3着ニシノラッシュも健闘が光りました。

地味なタイプなので今後もあまり人気にならないと思いますが
小回りのパワー系で中山でのオープンクラスなら
十分に力を発揮してくれそうな馬です。

6着ナヴィオンは的場騎手の若さが出ました。

去年のハープスターは別格として、あれだけ相手が強くなって
最後方から直線一気は厳しいと言わざるを得ません。

今回の敗戦は参考外として次走以降期待しましょう。
スタミナがあるので阪神での走りを見たいですね。

一方、キーンランドCはローブティサージュが久々の勝利。

鞍上三浦皇成騎手と共に嬉しい久々の重賞奪取となりました。

短距離に舞台を変えてこの馬の本来の力が開放できた事と
中枠を引いて三浦騎手が上手く乗った事が勝因と言えます。

ただ、走りのスケールはそこまで強くないので
GIとなると難しいでしょう。

2着のレッドオーヴァルの方が強い競馬をしましたね。

今回は外枠を引いて、コースロスを出しながら
最後は地力で差を詰めた印象で、今回のメンバーでは能力は一番。
GIで通用するレベルかというと疑問はありますが
上にいって一番通用する可能性が高い馬です。

3着マジンプロスパーも地力で3着にきました。

GIでは足りなくても、G3では常に勝ち負けできるレベルの馬
次走は状態面ももう少し上がってくるでしょう。

7着スマートオリオンは武豊騎手の復活もあって過剰人気でしたね。
能力的には一線劣る馬です。

8着スノードラゴンは今回は舞台が合わないので
中山替わりで見直しましょう。

5着エイシンブルズアイはもう少し馬がしっかりしないと重賞で厳しそうです。

競馬の無料メールマガジンを発行しています。
回収率100%いっていないない人は是非登録して下さい。
簡単に100%超えを達成できます。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。