予想に役立つ2014新潟記念、小倉2歳S出走予定有力馬情報!

Pocket

今週の重賞は新潟の新潟記念と小倉の小倉2歳ステークス

ここでは週末の予想に役立つ重賞に出走を予定している
有力馬の見解と情報をお届けします。

まずは新潟の花形レースといえる新潟記念

新潟芝2000m外回りという非常にゆったりとしたコース設定で行われ
枠順による有利不利はほぼないのが特徴です。

人気になりそうなのは、同じ新潟芝2000mの
新潟大賞典を快勝したユールシンギング

このレースではマジェスティハーツ、レッドレイヴンを一気に差し切る豪脚を披露
シンボリクリスエス産駒の標準系でスピードとスタミナのバランスが取れているタイプ
ここも死角らしい死角はありません。

あとは重賞連勝出来るだけの底力があるかどうかです。

相手は小倉記念組となるでしょう。

筆頭は2着のマーティンボロ

この馬の魅力は底が割れていないという点
重賞は1勝2着1回、阪神での実績は薄いですが
その他の競馬場では好走しており、能力が抜けてる可能性があり
ハマれば圧勝まで考えられます。

3着のメイショウナルトは舞台替わりが最大の課題。

小回り得意な先行馬は新潟芝2000mには厳しく
今回は分が悪いでしょう。

それなら6着ラストインパクトの方が可能性が高いです。

小倉記念は人気を裏切りましたが
能力面では上3頭とは遜色ありません。
適性面ではまだ未知ですが、小倉大賞典では捲りを決めて
日経賞でも3着と粘った点からスタミナ勝負はこなせる可能性は十分でしょう。

4着ニューダイナスティーは能力的に劣るので
考えても一角崩しでしょう。

7着ダコールはニューダイナスティーよりも能力が低いので
ノーチャンスといえます。

別路線ではオープンで好走を続けるアロマカフェ
重賞クラスでは地力が疑問ながら
レースぶりが安定した最近ならチャンスはあるでしょう。

それなら重賞好走歴が多数あるアドマイヤタイシ
近走は走りの安定感が失われていますが
能力はここでも通用します。

同じく低迷を続けるアスカクリチャンも能力だけなら通用します。

適性を判断して能力のある馬からアプローチするのが勝利への近道。

本命党も穴党も妙味があるレースと言えます。

一方、小倉2歳ステークスはまだキャリアの浅い馬同士の戦い。

現段階で能力の判断をする事は難しいです。

私が注目しているは
新種牡馬エンパイアメーカー産駒のタムロダイチ
仕上がりの早いヨハネスブルグ産駒のリッパーザウィン
フェニックス賞1,2着のレオパルディナ、クールホタルビ

この辺りですね。

競馬の無料メールマガジンを発行しています。
回収率100%いっていないない人は是非登録して下さい。
簡単に100%超えを達成できますよ。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。