2014キーンランドC予想と新潟2歳ステークスの展望

Pocket

今日行われる重賞は札幌競馬場のキーンランドCと
新潟競馬場の新潟2歳ステークスです。

以前話した事があるかと思うんですが
私は基本的に2歳戦はやりません。

やっても遊び程度ですね。

何せ情報が少ない。

今回印がついている馬を見ても
1戦1勝の馬がほとんどで判断が出来ません。
(私は調教や陣営コメントを信じないので尚更ですね)

週中にツイッターやメールで色々と問い合わせを受けるんですが
今回新潟2歳Sに出走する馬について、
能力が抜けていると思うんですがどうでしょう?

と聞かれたりしましたが

1戦しか走っていない馬のジャッジはわかりません。

としか答えられません。

「どう思うか?」という問いに対しては

『少ないキャリア(情報)で能力を判断してはいけないと思っています』

と答えています。

という事で新潟2歳Sは予想はしません。

ただ、期待する事は出来るので
前走でただ1頭追い込んで勝ったナヴィオンに期待しています。

新潟マイルは外枠有利なスタミナ勝負の舞台ですからね。

逆に人気になりそうなアヴニールマルシェは
苦戦するのではないかと感じています。
前走はスピードと瞬発力で勝ちましたからね。

馬券は買いませんがレースは楽しみです。

ということで、予想はキーンランドC一本でいこうと思います。

こちらは超A級の馬はおらず、能力的に拮抗した馬同士の争いです。

札幌芝1200mの特徴だけおさらいしておきましょう。

札幌芝1200mデータと特徴

そして先週から開放されたCコースの影響も考えたいところです。

これらを踏まえて

本命は レッドオーヴァル です。

本当であればもう少し内目の枠に入って欲しかったので
外を回って来そうな今回の条件については不安材料ですが
それを払拭するほど、前走の走りはとても素晴らしかったですね。

この馬の持ち味である瞬発力を出せたのは
季節か、舞台か、能力開花か
いずれにしても今回もその能力を発揮出来る舞台なので
ここは人気でしょうが素直に本命にします。

対抗は ローブティサージュ

前走スプリント戦で久々の連対を果たしました。

ウォーエンブレム産駒は数少ないので
特徴を掴みづらいんですが、産駒の連対率・複勝率は
リーディングトップの馬と遜色なく
スプリント戦はプラスと働きそうです。

次に3歳馬エイシンブルズアイ

この馬は完全なスピードタイプで札幌とは合いそう。
能力は未知な部分がありますが、
不安よりも期待が大きい馬なので指名します。

内枠を引いて展開の恩恵を受けそうなスマートオリオン

気持ちの面で不調が続くが好枠を引いたパドトロワ

最後に実力馬マジンプロスパーまで抑えたいと思います。

レッドオーヴァルは人気が予想されるので
馬連ではなく3連複・3連単で買いたいと思います。

金曜日の段階で書いているので
思ったより人気がないようであれば素直に1着付けの3連単
1番人気なら2着付けの3連単などを考えています。

どちらかというと当てるレースになってしまいましたが
こういうレースをきっちり取れると違うので
ここはきっちり仕事をしましょう。

私が発行している無料メールマガジンに登録して貰えれば
ブログを見なくても毎週重賞レース予想が届きます。

是非、登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。