2014キーンランドC出走予定有力馬の評価と分析

Pocket

今週の重賞レースは札幌競馬場で行われるキーンランドCと
新潟競馬場で行われる新潟2歳ステークスです。

新潟2歳ステークスは昨年ハープスターが勝ち
イスラボニータが2着にきたレース。

当然注目度は高いですが、まだキャリアの浅い馬達なので
分析をする事も評価を下す事も難しいので、
このレース自体を分析の材料としましょう。

当然、馬券を買うのも御法度です。

馬券を買うなら有力馬の情報が十分にあるキーンランドCの方ですね。

こちらは力の差がない拮抗したメンバーで
当日の枠順や展開、馬場が大きく物を言いそうです。

札幌記念こそハープスターとゴールドシップが強すぎて
あまり感じませんでしたが、先週からCコースが開放されて
内が伸びやすいコース形態になっています。


それでは出走予定有力馬を挙げていきましょう。

一番手に紹介したいのは準オープンを勝って再度重賞に挑むレッドオーヴァル

パワー型ではなく、瞬発力型の馬ですが
前走勝ったように札幌の馬場は十分にこなせます。
前走で見せた切れ味も一流で、もともと重賞でも好走していたように
今回のメンバーになっても劣るところはありません。

次に名前を挙げるのはローブティサージュ

長らく低迷を続けていた馬ですが、
距離短縮でやっと活路を見いだしてきた感じ。

続けて好走出来るだけの地力があるかは疑問ですが
チャンスがある1頭に変わりはありません。

前走札幌芝で惨敗したクリスマスも巻き返す可能性はあります。

ちょっと負けすぎである感は否めませんが
この馬はスプリンターなので、
展開が向けば一変する可能性は十分です。

夏馬のイメージがあるフォーエバーマークは
今年のパフォーマンスが非常に低くなっています。
能力的に通用しない事はありませんが
期待よりも不安の方が大きい1頭だと言えます。

ここまで牝馬を4頭挙げていきましたが、対する牡馬は若干微妙です。

高松宮記念で豪脚を披露して2着に入ったスノードラゴンは状態云々より
完全なパワー型でコース適性の問題が大きいでしょう。
坂のあるコースがベターで、今回は厳しい戦いになりそうです。

同じく実績上位のサンカルロもパワー型の差し馬。
スノードラゴンよりは偏りがないタイプですが
適距離は1200mですし、坂のあるコースがベストなのは間違いありません。

G3番長のマジンプロスパーは上の2頭ほど厳しくはないでしょうが
最近のパフォーマンスが落ちている事と
やはり坂のあるコースの方が力を出せるという点は共通しています。

それなら3歳馬エイシンブルズアイが適性は高いでしょう。
古馬と相まみえて能力面が足りるかは未知数ですが
完全なスピード馬で今回の舞台は向いているでしょう。
斤量面の恩恵もあり、当然無視は出来ません。

今回の戦いは「牝馬有利」「牡馬不利」が顕著

あとは枠順や馬場を見て印を決めたいと思います。

最初に話したとおり力の差がないメンバーですからね。

予想は日曜日の午前中にメールマガジンで配信する予定です。

メールマガジンでは予想に加えて無料で予想力アップ、
回収率アップのノウハウを話しているので、是非登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック