2014札幌記念でのゴールドシップは切り!出走予定有力馬情報

Pocket

今週の重賞レースは札幌記念と北九州記念

その中でも注目のレースと言えば札幌記念です。

このレースには凱旋門賞を目指すハープスター、ゴールドシップが出走します。

この2頭が初対決は非常に興味をそそります。

その他も重賞の常連が多数出走して
GIでもおかしくないだけの豪華メンバーといえるでしょう。

主役は当然この2頭なんですが、どちらにも死角はありそうです。

3歳牝馬ハープスターは後方一気の末脚が
札幌競馬場の芝に合うかという懸念があります。

よく比較されるブエナビスタは勝ちに遠い2着

いくらハープスターとはいえ、
3歳牝馬がこの時期の古馬一流と戦うというのは
通用するのかという不安があります。

脚質、古馬牡馬の壁、この2つの不安要素があります。

一方ゴールドシップはスピード勝負が滅法苦手
札幌は洋芝だから大丈夫、と思うかもしれませんが
札幌競馬場はスピード勝負が行われる競馬場

それだけでゴールドシップにとっては致命的な不安要素です。

仮に東京や京都でこのメンバーだとしたら
「外し」という人が多くなると思いますが
札幌の適性を誤解している人が多い中、
このレースを迎えるのは絶好の外し頃でしょう。

ゴールドシップは切りです。

その他のメンバーを見てましょう。

格で考えると皐月賞馬ロゴタイプが浮上してきそうです。

ですが、この馬はローエングリン産駒の典型でパワー型の馬
札幌競馬のレースが向くかは疑問で
早熟の気配もあり、底力で足りるかも怪しいでしょう。

近年の実績ならトウケイヘイロー

中山記念は出遅れでレースにならなかったし、過去2戦は海外
今回は改めての感はあるでしょう。
あとは気持ちよく逃げられる展開になるかどうか

それ以外では函館記念を勝ったラブイズプーシェ

こちらは地力が通用するかという点が最大の焦点でしょう。

上位2頭がいくら不安要素を抱えているとはいえ
あまりに弱い馬だとさすがに巻き返しは不可能

可能性があるとしたら地力のあるホエールキャプチャ、ナカヤマナイトまでですね。

もう一つの重賞は小倉で行われる北九州記念

こちらはもともとレベルの差がないメンバーに
ハンデ戦という事も加わりよくわかりません。

主力となるのは実績十分の小倉巧者エピセアローム

この馬の戦績を見てみると坂のあるコースよりも
坂のないコースの方が好走率が高く
ダイワメジャー産駒にしては非力なタイプ。

ハンデが何kgかによりますが、主役は間違いないでしょう。

巻き返しを図る3歳牝馬ベルカント

この馬の問題は燃え上がる気性。
これさえクリアできれば古馬相手でも通用する実力は持っています。

中京から小倉に舞台が変わるのはプラス
人気の前走よりは落ちそうで、買える要素は揃っていると言えます。

この2頭が出走したCBC賞で3,4着だったニンジャとスギノエンデバーも
このレースの走りから侮れない存在ですが、
安定感には欠け、馬券の対象としては買いづらいです。

ならば、このレースで8着と惨敗したルナフォンターナの方が
巻き返しを期待出来そうです。
が、岩田騎手が乗れないのは大きな不安要素ですね。

あとはアイビスサマーダッシュ惨敗組の
リトルゲルダ、アンバルブライベン、バーバラ
この辺りも全く無視は出来ません。

とにかく難しいレースになりそうです。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。