小倉の短距離戦で儲ける為の小倉芝1200m馬券攻略法

Pocket

日本の競馬の華はクラシックディスタンスというイメージがありますが
開催されるレースが多いのは1600m以下の短距離戦

とりわけその中でも1200m戦はよく行われます。

小倉競馬場で行われている重賞北九州記念と小倉2歳Sも距離は1200m

小倉競馬場を攻略するなら是非知っておきたい舞台ですので
この小倉芝1200mのデータを見て
どのように馬券を買っていけばいいのか研究していきましょう。

最初に確認するのはコース形態とラップの流れ

小倉芝1200mラップ別成績

スタートから最初のコーナーまで479mと長く
最初の3ハロンは速いタイムになる傾向があります。

そのままのスピードを維持しながら3コーナー、4コーナーを回り
最後の293mの直線を駆け抜ける形態で
ゴールが近くなるにつれて時計がかかる傾向にあります。

スタートダッシュから惰性でゴールするというイメージですね。

その前傾ラップが顕著なこのコースはどの脚質が有利なんでしょうか。

小倉芝1200m脚質別成績

想像通り逃げ・先行馬が有利な舞台設定となっています。

レースが最初から速く流れるので、どっしりと構えて
直線の瞬発力勝負とはなりにくいのがわかります。

ただ、最後は前の馬もバテるので、3着には差しや追い込みも
加われる可能性がある事も見逃せません。

先行馬有利という事は果たして枠順も影響してくるのか

小倉芝1200m枠順別成績

やはり内枠(1~4枠)が外枠(5~8枠)と比べると
好成績を収めている事がわかります。

直線も短いので、出来るだけ経済コースを走ってこられる
内でレースを進められた方が高いパフォーマンスを発揮出来るようです。

外の馬でもテンのスピードで好ポジションを取れるようであれば
特に気にする必要はなさそうです。

次にどんな馬に適性があるのか種牡馬別成績で見てみましょう。

小倉芝1200m種牡馬別成績

サクラバクシンオー、キングカメハメハ、グラスワンダー、
フレンチデュピティなどパワーのある馬の活躍が目立ちます。

スピード勝負と言うよりも力がない馬が脱落していくような
レースが多い為、このような傾向が生まれてくると言えます。

サンデー系のスピード馬は割引が必要でしょう。

騎手の面からも傾向の裏付けをとっていきましょう。

小倉芝1200m騎手別成績

武豊騎手、福永祐一騎手が高い複勝率と回収率を見せています。
小倉を庭としている2人で良い馬が集まってくる事がわかります。

その他の騎手を見てみると多少の差はあるものの
全体として波が少ない事がわかります。

騎手は平均的な分布である事がわかりました。
では、人気面も同じような分布なのか見てみましょう。

小倉芝1200m人気別成績

1番人気は信頼度の高いデータが出ています。
回収率の面からも1~3番人気は高い数値を残しており
逆に4番人気以降は不振。

人気通りに収まりやすい底力勝負になっているという事がわかりますね。

では、まとめましょう。

小倉芝1200mはパワー・スタミナがない者から脱落していく
サバイバルレースとなるのが最大の特徴。

最初から前にいてレースを組み立てられて
内枠からロスのないコース取りが出来る馬を上位にとりたいです。

比較的力通りに収まる舞台なので
無理な穴狙いはせずに強い馬を買っていきましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。