デュランダル産駒は瞬発力不足の馬が多い?データから特徴を分析

Pocket

サンデーサイレンス産駒の中で究極ともいえる切れ味を見せた馬と言えば

『デュランダル』

です。

1200mという短い距離で最後方から全馬をまとめて差し切る姿は
まさに名刀の誉れを受けるのに相応しい馬でした。

そのデュランダルも現在は種牡馬として活躍していますが
この至高の切れ味を引き継いでいる馬は現在はまだいません。

そんなデュランダル産駒の特徴をデータから紐解いていきましょう。

まずは芝・ダートの適性から見ていきます。

適性を計るのに一番最適な複勝率を挙げていきましょう。

中央場所の芝コース:19.8%
中央場所のダートコース:20.0%
地方場所の芝コース:19.8%
地方場所のダートコース:17.4%

芝のイメージがある人は多いと思いますが
ダートでも遜色がなく、芝・ダート兼用の馬だと言えます。

コースも万遍なく成績を残していますが
中央場所では唯一東京コースのみが22.1%の複勝率
ダートでは阪神・中山が20%超えを果たしており
芝はスピードコースが得意、ダートはパワーコースが得意というデータが出ています。

距離はデュランダルが好走した1600m以下に限らず活躍しています。

ざっと芝とダートの複勝率を挙げていくと

【芝】
1300m以下:22.1%
1301m~1600m:20.0%
1601m~2000m:15.0%
2001m~2400m:24.1%
2401m以上:25.0%

産駒にオークス馬エリンコートがいるように
2000mを超えても走っているのが良く分かります。

一方、ダートの方はというと

【ダート】
1300m以下:18.4%
1301m~1600m:15.9%
1601m~2000m:22.4%
2001m以上:21.4%

と、逆に長距離の方がいい成績を残しています。

デュランダルの成績に流されないようにしましょう。

また、馬場適性ですが
芝・ダート共に良・稍重までが好成績です。

良・稍重までだったら20%を超える成績を残していますが
重・不良などだと15%前後を彷徨っており
一気に成績が下がってきます。


と、まとめると

デュランダル産駒は芝・ダート双方をこなしているので
芝替わり、ダート替わりは特に注意は必要ありません。

距離は長めもこなせるので、距離延長となった時には嫌わずに
歓迎要素として迎えてあげましょう。

馬場で成績が変わるのが最大の特徴なので
前走、重で大敗から良馬場へ、また逆パターンの時は
大きく狙いを変えるチャンスです。


これらの特徴をしっかりと捉えてキッチリ狙っていきましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。