アジアエクスプレスの父親!種牡馬ヘニーヒューズ産駒はどんな馬?

Pocket

今週のユニコーンSに出走するアジアエクスプレス

今年はスプリングS、皐月賞と芝の一線級重賞を走ってきましたが
今回は実績のあるダートに満を持して向かってきました。

そのアジアエクスプレスの父親はヘニーヒューズ

競馬をやっている人でもあまり聞かない名前の種牡馬ですが
ヘニーヒューズ産駒にはどんな特徴があるのかを調べてみました。

2013年シーズンのサイアーランキングは84位
決して好成績とは言えません。

その理由は海外で繫養されていたから
2014年春から日本で種牡馬生活を送っており
今後は日本のダートレースでの活躍が期待できます。

ここ3年で130回程度しか走っていませんが
芝よりもダートが得意。

ローカルの芝コースは11戦して3着以内0回
左回りの芝コースは5戦して3着以内0回
と、不振を極めています。

逆に左回りのダートは7戦して3着以内率驚異の54%
ローカルのダートコース12戦して3着以内は50%
とダートで買える馬だという事を覚えておきたい。

距離は1600m以下の短距離馬

1601m以上となると11戦して3着以内2回の18%
逆に1301~1600m戦は29戦して3着以内12回の41%
と露骨に成績が変わってきます。

1300m以下でも3着以内率36%と優れた数字を見せています。

重馬場の巧拙についてはダートならどんなに悪くなっても大丈夫
参考までに3着以内率を載せておくと
良馬場33%、稍重馬場58%、重馬場33%、不良馬場0%となっています。

不良馬場は5戦して3着以内0回で滑る馬場は苦手の傾向を見せています。

総括

完全なダート仕様の馬。

狙えるパターンは芝を走った後、ダート戦に出走してきた時
1700m以上を走った後、距離を縮めてきた時。
とにかくダートの短距離に狙いを定めて買うといいでしょう。

代表産駒からもう一歩特徴を読む

アジアエクスプレス

2歳時にダートで連勝して臨んで朝日杯FSで芝を克服しての勝利
3歳時にはスプリングS、皐月賞と走ったが距離の壁に跳ね返された

ただ、能力の高さで芝をこなしていただけで本質的にはダート馬
ヘニーヒューズの特徴を色濃く継いでいる代表的な産駒

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。