歴代最強スプリンターのサクラバクシンオー産駒の特徴と傾向を分析

Pocket

「日本で歴代最強スプリンターといえば?」

という質問をした時に返ってくる答えで一番多いのは
「ロードカナロア」という答えだろう。

ただ、私は「サクラバクシンオー」と答える。

それほどスプリント戦では圧倒的な強さを見せた馬だった。

その強さ(パワーとスピード)は子供達にも色濃く継がれている。
残念ながら2011年にこの世を去ったが
グランプリボスやショウナンカンプなどのGI馬を輩出。

パワーが勝ったタイプの種牡馬だが、
どのような特徴をもった馬が多いのか、傾向を見てみてみたい。

得意なコース

芝コース
函館・札幌の競馬場で一番の成績を残しておりパワーが目立つが
中央場所では京都競馬場の成績が一番良い。
逆に東京コースは非常に苦手としており、瞬発力の無さを露呈している。
大きな傾向としては小回りが得意で、広いコースが苦手。

ダートコース
こちらも函館・札幌競馬場が得意。
芝よりも成績は悪く、パワーがあっても芝向きの産駒が多い。
中京競馬場は部類の弱さを誇る。

得意な距離

芝コース
1300m以下のコースが偏って好成績。
1600m、2000mと距離が伸びると徐々に成績が下がる。

ダートコース
こちらも芝同様1300m以下が好成績
距離が伸びれば伸びるほど成績が下がるのも一緒

芝・ダート適正
ダートよりも芝のレースが得意。
ただ、ダートはからっ下手というわけではないので
完全無視は危険。

重馬場適正
もともとパワーのあるタイプなので
芝コースは重馬場になった方が成績は良くなる。
ダートは馬場差は少ないが若干重馬場になった方が成績は良い。

総括
得意なパターンははっきりしている
短距離・小回り・パワーのいる馬場
この三拍子がそろったレースでは狙える。

代表産駒からもう一歩特徴を読む

グランプリボス

サクラバクシンオー産駒だが、適距離はマイル
中山で朝日杯FSの勝ち方は素晴らしく、パワー型である事は間違いない。
NHKマイルC勝利、安田記念2着、マイルCS2着など
どの競馬場でも活躍している成績は実力の証拠。

ただ、走れる条件が揃っていても謎の大敗を繰り返したり
気性面では不安定な部分がある。

ショウナンカンプ

4歳はじめまではダートで走っていてソコソコの成績を見せていたが
芝に転身してからは圧倒的なスピードを見せる。
高松宮記念を始めとして数々の重賞を逃げで制する。
こちらはスピードとパワーのバランスが取れたタイプだったが
気性面でムラがあったのはグランプリボスと同様。

安定感には欠けているのがサクラバクシンオー産駒産駒の特徴か

スポンサードリンク