キズナ!ゴールド!ウイン!2014天皇賞・春出走有力馬紹介!

Pocket

今週のメインレースは京都競馬場で行われるGI天皇賞・春です。

過去2年、ゴールドシップが飛び、オルフェーヴルが飛び
波乱となっている京都芝3200mですが
今年は天皇賞を勝つべく、現役屈指の強豪馬達が集まりました。

今年は荒れるのか?
果てまた今年こそ順当に収まるのか?

1頭ずつ見解を交えながら紹介していきましょう。

まず1番人気が濃厚な日本ダービー馬キズナ

前走の大阪杯は後方一気で快勝。
日本ダービー馬に恥じないレースをしました。
実力ではナンバー1と言えますが
課題は京都芝3200mの舞台で同じようなレースが
通用するかという点

最後方から大外というレースをしては勝てないでしょう。
天皇賞・春を知り尽くした武豊騎手がどう乗るか注目です。

昨年人気を裏切ったゴールドシップは
今年も阪神大賞典を快勝して臨みます。

この馬はスピード勝負が苦手で京都の芝コースは天敵そのもの。
ただ、菊花賞は完勝しているので乗り方一つで勝負になりそうです。
理想は2週目3コーナーの上り坂でスパートですね。

3強として君臨してくるであろうウインバリアシオン

金鯱賞で復活してからは有馬記念2着、日経賞勝利と充実一途
この馬を狙っている人は多いと思いますが
京都のスピード勝負には一抹の不安を抱えます。
天皇賞・春3着、菊花賞2着の実績はありますが
パワー型の末脚を繰り出すタイプなので、どこまでやれるか。

そして忘れてはいけない昨年の覇者フェノーメノ

上の3頭と比較すると能力は一枚落ちますが
どのコースでも堅実に走るタイプで昨年の天皇賞も完勝
あとはどこまで状態が戻っているかが焦点となります。

あとは伏兵陣となりますが、実績的に一番不気味なのは
ここ最近でステイヤーズS、京都記念を勝利しているデスペラード

ネオユニヴァース産駒でパワー型の馬ですが
前走では逃げて京都コースを勝利と幅を見せました。
これは能力が完全に開花した事を表しており
今回も上昇度で通用してもおかしくありません。

そして京都コース巧者のサトノノブレス
前走は不向きな阪神で惨敗しましたが
今回のコースなら一角崩しをする可能性は十分です。

前年の天皇賞で3着に食い込んだ外国馬レッドカドー
今年は8歳ですが、色気を持っての出走だと考えていいでしょう。

阪神大賞典2着のアドマイヤラクティは
本質的に京都向きではなく、穴馬度は若干低め。

バンデ、フェイムゲームもこの舞台は向かないでしょう。

最後に荒れる天皇賞の超爆穴馬を2頭あげておきましょう。

まずは京都大賞典であっと言わせたヒットザターゲット
京都の実績だけは間違いのないタマモベストプレイ

過去の実績を見ると大爆発が起きるかもしれませんね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。