脅威の鬼脚ジャスタウェイ一閃!!天皇賞・秋、スワンSレース回顧

Pocket

昨日は東京競馬場で天皇賞・秋が行われました。

結果は期待したジャスタウェイが他馬をぶっこ抜いての圧勝。
関屋記念や毎日王冠は上がりの早い前残りの競馬だっただけに
展開の向いた今回はこの馬の力を最大限に発揮出来ました。

もともと能力は高く評価している馬ですが
距離を含めたローテーションの影響もあり力を発揮出来ませんでした。
この馬の一番のパフォーマンスは3歳のアーリントンC
マイラーだという事は明らかで、距離を伸ばさずに

マイルCSへ向かってくれればGI連勝は濃厚だと思います。

有馬記念という声もありますが、是非力の発揮出来る舞台で走って欲しいです。

ちなみに東京2,000mはマイラーが通用する舞台設定で
過去にもダンズインザムード、エアジハードなども好走しているので
2,000mをこなせるという考えは持たない方がいいです。

2着ジェンティルドンナは底力を見せました。
道中2番手という位置取りに異議を唱える人もいると思いますが
ジャスタウェイを考えなければ他の馬には完勝しているので
その点は考慮しなくて良いでしょう。

底力はある馬ですが、走りの凄味がない馬でもあり
ダイワスカーレット、ブエナビスタといった
過去のスーパー牝馬と比べると一枚落ちの馬と言えます。
ジャパンカップはチャンスありですが
有馬記念はチャンスなしでしょう。

トウケイヘイローは直線で失速。
今回は危険な人気馬の典型のような形だったので致し方ありません。
逃げ馬は相手が強くなると惨敗、相手が弱くなると圧勝という
傾向が強くある
ので、この敗戦の後、次走どこまでやれるかに注目です。

エイシンフラッシュ、コディーノあたりも力通りは走っています。
4着アンコイルドは近いうちに重賞を勝てる馬になるでしょう。

土曜日に行われたもう一つの重賞スワンSも簡単に振り返ります。

結果は逃げたコパノリチャードが完勝。
前走最下位からの勝利はなかなか予想が難しいところです。
これだけの成績の変化は状態面ではなく気性面の問題ということの証明です。

この爆弾を抱えている以上は安定した成績を残すのは難しいでしょう。
人気面を考慮して馬券の購入を決めていくと回収率があがるでしょう。

2着に入ったダイワマッジョーレを含めたダイワメジャー産駒は
パワー型が多くて、重馬場適性が高い
という傾向もわかってきました。

期待したグランプリボスは見せ場無く敗戦。
ここは絶好の勝機と思っていましたが、不発に終わりました。
馬場も適性もあるでしょうが、気性面の問題も十分にあり
マイルCSではまた激走という可能性は十分にありそうです。

マジンプロスパーはスプリンターズSの成績が評価されすぎました。
本来このメンバーで一番人気になるような馬ではありません。
加えて、スプリンターズSを狙った馬は、
スプリンターズSよりも悪い状態で出走するのは明らかで
レースの結果・内容は妥当なものであると思います。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。