超大物を輩出する種牡馬ステイゴールドの産駒の特徴をデータ分析した

Pocket

今、一番大物を輩出する種牡馬と言えばステイゴールドです。

現役時代のステイゴールドはGI2着を連発して
シルバーコレクターと呼ばれていましたが
香港とドバイでGIを勝ち、国際派として日本よりも世界的な名馬として知られています。

そんなステイゴールドが出したGIウィナー

オルフェーヴル、ゴールドシップ、ドリームジャーニー

どれもGIを複数回勝つ超大物。

それ以外にもフェノーメノ、レッドリヴェールやナカヤマフェスタなど
GI馬を数多く輩出しています。

これだけの大物を出すステイゴールド産駒の競走データを分析して
子供たちの特徴を分析していきたいと思います。

まずは得意なコースを確認していきたいと思います。

芝コース

どの競馬場もコンスタントにこなしていますが
最も得意としているのは複勝率30%を超える阪神競馬場
中山も勝率10%を超えており、得意。

力の要る阪神・中山が得意な産駒が多いと言えます。

ダートコース

芝と比べると成績はかなり落ちますが
芝とは逆に中京・京都が複勝率20%超えで好成績。

函館・福島でも25%近い複勝率を誇っており
小回りコースは得意としています。

芝とダートは全く傾向が違うという事は覚えておきたいです。

得意な距離

芝コース

距離が長くなればなるほど好成績を収めています。
特に2500m以上だと勝率・複勝率共に数値が跳ね上がり
ステイヤーが多い事がわかります。

ダートコース

1400m~2000mの間が複勝率20%超えの好成績
芝もそうですが1300m以下は複勝率が10%前後と
短距離はまったく向いていないという事がわかります。

芝・ダート適正

芝の複勝率は約24%、ダートの複勝率は約20%
芝の方が圧倒的な成績を残している事がわかります。

その中でも芝は中央場所、ダートは地方場所が好成績を収めている点も抑えておきたいですね。

重馬場適正

馬場が悪くなればなるほど真価を発揮する重馬場巧者。
特に芝の不良馬場は圧倒的な連対率・複勝率を誇っています。
重馬場も好成績で馬場が悪くなれば迷わず買いです。

ダートも重馬場・不良馬場が好成績なのは覚えておきましょう。

総括

数多い種牡馬の中でも適性の偏りが顕著な種牡馬です。

芝の長距離が良く、重馬場・不良馬場は鬼

一言で言うとこんな特徴が当てはまります。

ダートからの芝替わり、距離延長など得意な条件に近づいた時には
人気薄でも積極的に買うようにしましょう。

代表産駒からもう一歩特徴を探る

ゴールドシップ

パワーに特化した馬でスピード勝負は苦手
阪神・中山で強さを見せる一方、京都・東京では脆さを見せる。
スタートが遅く、長距離戦の方が持ち味を出せる
ステイゴールドの典型的産駒といえる馬。

フェノーメノ

ステイゴールド産駒の中ではスピード勝負が得意な馬
阪神・中山よりも東京・京都で強さをみせるステゴ産駒らしからぬ馬。
ゴールドシップ同様長距離が得意で純然たるステイヤーと言える。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。