晩成型の血統!ハーツクライ産駒の傾向と特徴を代表産駒から読む

Pocket

2014年時点で競馬界に君臨している種牡馬と言えば
「ディープインパクト」ですが
現役時代にディープインパクトを破った唯一の馬と言えば

「ハーツクライ」 

です。

ハーツクライは

父サンデーサイレンス
母アイリッシュダンス(母父トニービン)

という血統で、サンデーサイレンスはトニービン産駒の
牝馬とは好相性で知られていました。
(エアグルーヴやベガなど一流の産駒を輩出)

そのハーツクライが種牡馬界でも大暴れしています。
2014年ドバイデューティフリーに勝利したジャスタウェイ
3度のGI2着を誇るウインバリアシオン 等々

GI戦線でも主役を張れるA級馬が続々と輩出されています。

そこでここでは代表産駒の成績、産駒の特徴から
ハーツクライの子供の特徴と傾向を分析していこうと思います。

(データで分析したハーツクライ産駒の特徴・分析は
また改めてお話しようと思います)

ジャスタウェイ

切れ味が最大の持ち味、特に東京・新潟など左回りの時は豪快な末脚を繰り出す。
距離は1400m~1800mがベスト
重・稍重の馬場経験は2回で2歳時の東スポ杯は参考にしづらいが
中山記念を見ると、得意ではないがこなせないという印象もない。
4歳秋から大きく飛躍したように晩成型の成長力を持ち合わせている。

ウインバリアシオン

2歳時より走っていたが、3歳春の青葉賞からその能力を発揮
末脚が武器で、パワー型の馬場がフィットする。
距離は2500m以上が安定しており、重馬場も苦にしない。
息の長い活躍をしており古馬になってからも能力が落ちない成長力がある。

ワンアンドオンリー

新馬戦は12着、2戦目は単勝260倍をつけた異端児
2歳秋は重賞ウィナーになるだけの走りを見せていなかったが
ラジオNIKKEI賞から走りが一変
坂を上るパワー溢れる末脚が最大の魅力で
距離も長い方が力を発揮出来る

カレンミロティック

デビューから勝ち上がりまで4戦を要したが、
常に掲示板に入り続ける善戦マンの走りをしてきた。
4歳から徐々に勝ちはじめ、5歳には念願の重賞制覇
金鯱賞は先行して押し切り、有馬記念は6着に敗れたが、前崩れの流れを1頭粘った。
スピードはあるが、パワーが同居した逃げ馬。
距離は中距離を中心に使われているが、適正はまだわからない。

アドマイヤラクティ
2歳時に未勝利を勝ってから3歳春までは成績を残せなかったが
3歳秋より徐々に成績が良化、4歳でOP入り、5歳で重賞制覇を果たす。
スタミナが勝っていて末脚はジリジリと伸びていくタイプ
長距離に高い適性を見せている。

マジェスティハーツ

2歳時の新馬戦こそ勝利したものの3歳春までは成績が振るわず
3歳夏より成長をとげ、神戸新聞杯ではエピファネイアの2着に入る
パワーのある末脚が売りで、距離は長距離の方が良い。
大阪-ハンブルグCでは前からの競馬も覚え、今年は更なる成長が見込める。

ジャスタウェイはやや例外的なところはありますが
その他の産駒の共通点を見てみるとパワー型であるという点
スピード勝負になりがちな東京・京都よりも中山・阪神などのコースが合う。
距離も長いところで活躍している馬が多く、成長も年を取る毎に加速
晩成型のステイヤーが多い事がわかる。

<馬券攻略>

得意・不得意がはっきりしているタイプなので
不得意な条件から得意な条件に変わったときは狙い目
また、2歳時に素質のある走りを見せる馬がいたら目をつけておき
ずっと追い続けても利益が見込める。

スポンサードリンク