ハープスターとレッドリヴェールは強い!2014桜花賞レース回顧

Pocket

先週行われた桜花賞はハープスターが
直線大外に出して17頭をごぼう抜きして勝利しました。

ただ、2着のレッドリヴェールを交わすのに若干手間取った面は否めません。

その絶対能力の違いから、安全に大外に出して末脚勝負で大丈夫
という、大胆でありながら堅実な戦法は正しい選択でした。

一つ予想外の事があったとすれば

2歳女王レッドリヴェールが想像以上に強かったと言う事。

トライアルを使わずにぶっつけで桜花賞に挑んでくるという選択は
正直言って舐めてるなと思っていました。

今でもぶっつけ桜花賞という選択は正しいと思っていませんが
それに答えるだけの能力を見せたレッドリヴェールは相当強いといえます。

次走は日本ダービーに行くのか、オークスに行くのかはわかりませんが
今回よりも上積みが見込める次走は間違いなく期待していいでしょう。

そしてハープスターとレッドリヴェールに共通して言えるのは
1600mという距離は短い、ということ。

両馬とも能力の高さこそ見せたものの窮屈そうに走っていました。
こういった走りを見せる馬はもっと距離が延びても大丈夫です。
2頭とも2400mは大丈夫だと判断出来ます。

余談ですが、昨日の桜花賞を見ていてこの2頭は
ブエナビスタとレッドディザイアに似ているなと思いました。

他のメンバーとは能力が2ランク近く違うので
もしオークスに2頭とも出走してくるようなら、馬連1点勝負で十分ですね。

3着にはヌーヴォレコルトが頑張りました。

この馬の力は十分に出し切れたと思います。
上位2頭とは力の差があったので仕方ないでしょう。

相手として期待したアドマイヤビジンは6着

自分の競馬を不利なく出来てこの結果ですので
単純に能力が足りなかったということでしょう。
納得が出来る敗戦であった事はなによりです。

フォーエバーモアは展開が向きませんでしたが、
本質的に阪神向きではないという事の方が大きい要因ですね。

ベルカントは差す競馬を試みましたが不発でした。
これは仕方ありません。
前にいっても勝ち目はなかっただけに
この騎乗はさすが武豊という騎乗だったと思います。

ハープスターもレッドリヴェールも次走はどこへ出走するのか

これ次第で3歳クラシックの行方も
馬券検討の内容のグッと変わってきます。

オーナーサイドの決定を待ちましょう。

スポンサードリンク