2014牡馬クラシック第一弾皐月賞|川田将雅GI連勝なるか!?

Pocket

今週のメインレースは3歳牡馬クラシック第一弾

「皐月賞」

2014年の牝馬路線はハープスターという強力な馬が1頭いる反面
牡馬の方は有力馬が高いレベルで拮抗しているため
馬券検討としては非常に面白くなりそうな一戦です。

それでは有力馬の過去の走りを振り返りながら特徴を上げていきましょう。

主役となるのは4連勝中のトゥザワールド

初戦こそバンドワゴンにちぎられたものの
その後は大人びた競馬で4連勝。
もともとスピード感のある走りではないものの
前走弥生賞での勝負所の反応の良さや落ち着いた気性
豊富なスタミナは中山2000mがジャストフィットしており
同舞台で行われる今回は死角らしい死角は見当たりません。

若駒Sまでは内容がよく見えませんでしたが
前走の弥生賞勝ちでここは信頼度の高い1頭であると言えます。
先週ハープスターでGIを勝った川田将雅騎手が
GI連勝なるかという点も見逃せませんね。

対抗するのは3戦無敗のトーセンスターダム

ローテーションからは日本ダービーが大目標という
陣営の意向がありありですが
過去3戦の勝ち方は馬場が悪かったり、展開が向かなかったりする中を
きっちりと差しきっての勝利で
中山2000mというコースに不安はありません。

多頭数でどこまで馬群を捌けるかは不安ではありますが
日本ダービーを勝つ馬というのは皐月賞で無様な競馬をしないので
陣営もそのあたりはしっかりと意識して仕上げるでしょう。

不安はトーセンスターダムが過去の走りで見せたスケールです。
前にも話しましたが、GIを勝つ馬というのは走りに凄味があります。
その凄味がかけている点は否めない点でしょう。

その凄味を重視するのであれば弥生賞2着ワンアンドオンリーでしょう。

弥生賞は到底届きそうにない位置から脅威の追い上げで
トゥザワールドに迫りました。
デビューからのキャリアが順風満帆ではない点で
信頼性に欠けるところもありますが
ラジオNIKKEI賞で見せた末脚も素晴らしく
きっちりと乗れば上の2頭を負かす事も可能でしょう。

関東馬の筆頭はイスラボニータでしょう。

この馬もハープスターに負けてから重賞2勝を含む3連勝
トゥザワールドとトーセンスターダムを足して2で割った感じで
気性の素直さ、操縦性の高さなどは3歳馬離れしており
先行馬有利の中山芝2000mでは大きな武器となります。
走りからはパワーを感じない点が不安要素ではありますが
フジキセキ産駒はこの舞台走る馬が多く、期待の方が上です。

パワーという点で突出している馬ならアジアエクスプレスです。

前走スプリングSは休み明けで2着。
力は証明しましたが、1800mという距離で苦戦したという走りで
さらに距離が延びる今回は非常に厳しいと言わざるを得ません。
地力と叩いた効果でどこまで戦えるか

そのアジアエクスプレスに前走で完勝したロサギガンティア

出遅れながらも、道中徐々に押し上げていき先行押し切りの形で勝つ
という、鞍上の好騎乗もありましたが
この馬の武器はその操縦性の良さです。
中山コースは小回りでパワーが必要なため脚質の幅が大きな武器になりますが
ロサギガンティアはその武器を持ち合わせています。

あとは絶対的な能力値の問題。
前走の内容を見る限りでは、上であげた有力馬と比較すると
能力値が足りていないという印象を受けるので
まだ、不安の方が大きいと言えます。

伏兵陣も強力です。
弥生賞3着アデイインザライフや
重賞好走歴のあるベルキャニオン、タガノグランパ
ウインフルブルーム、キングズオブザサン等々

重賞では人気でなるであろう馬が出走してくる豪華メンバーです。

走りのパフォーマンスが高かったバンドワゴン
京成杯を完勝したプレイアンドリアルの不参加は残念ですが
見応えもあって、馬券も楽しめる1戦となりそうです。

予想は日曜日の朝に更新しようと思っているので楽しみにして下さい。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。