凱旋門賞も視野!競馬界最強牝馬候補ディープ産駒ハープスターの特徴

Pocket

ディープインパクトの子供で最も輝かしい実績を持っている馬といえば
ジェンティルドンナですが、このジェンティルドンナを脅かす
ディープインパクト産駒が今年は活躍しています。

その馬の名前は 

『ハープスター』

ハープという名前のエレンガントさからは想像だにしない
究極な切れ味を見せる切れ者です。

桜花賞を圧勝して早くも牝馬3冠は確定的とも言える存在で
むしろ牝馬3冠を無視して、日本ダービーや凱旋門賞までを
視野に入れるスーパー牝馬です。

馬券対象としてはディープインパクトと同じで
常に馬券から外せない存在なので
分析対象としてはイマイチですが
競馬界を代表する名馬になる事は間違いないところ。

そんなハープスターの全成績を振り返り
この馬の特徴や傾向、得意・不得意などを分析していきましょう。

新馬 1着

道中、中団後方でレースを進める。
直線では外を閉められ内に進路をとるが
内からしっかりと伸びて完勝。
切れ味を披露した。

【収穫】切れ味鋭い

新潟2歳S 1着

道中は最後方からレースを進める。
直線では絶望的な位置取りだったが
エンジンがかかると抜群の瞬発力を見せて
2着イスラボニータ以下を子供扱い

【収穫】瞬発力激高、行き脚がつかない

阪神ジュベナイルフィリーズ 2着

道中は後方の馬込みの中に入る。
直線で外に出せず真ん中から追い出す。
エンジンのかかりが遅くてなかなか前に進まないが
かかってからは猛然と追い込んだがハナ差2着
スケールの大きさは感じたが、不器用

【収穫】エンジンのかかりが遅い、器用さ低

チューリップ賞 1着

内枠から後方に下げて、直線大外に出して余裕の差し切り勝ち
他の馬と能力が違った、高い能力を見せた。

【収穫】能力高い、気性難やや回復

桜花賞 1着

最後方からレースを進め直線は大外一気
持ち前の瞬発力で勝つには勝ったが
距離はもう少し長い方が力を出せる。

【収穫】中長距離適正が高い、折り合い問題なし

以上の「収穫」からハープスターがどんな馬なのか分析出来ます。

デビューから抜群の瞬発力をみせ、その切れ味は随一
エンジンのかかり遅い点はまだレースを知らない証拠
今後、レースを知って前向きになってくれば
もう1ランク高いパフォーマンスを見せる事が出来る。

距離は2000m以上が良い。

今後、ハープスターが走る度にデータが収集されていき
より精度の高いアップグレードした分析を行いたいと思います。

レース予想の参考にして下さい。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。