宝塚記念2018枠順確定、有利な枠に入った馬と展開が恵まれそうな馬は?

Pocket

2018宝塚記念の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた宝塚記念での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「ワールドカップ ロシア大会」

“日本がまさかまさかコロンビアに勝つ”

という大波乱が起こりましたね。

 

私は「日本が3戦全敗する」と予想していました。

しかし、第一戦目でその予想が覆るという
なんとも嬉しい結果になりました。

ブックメーカーが日本にあったとしたら
私は損をしていたわけですが
日本にブックメーカーがなくて助かりました。

 

最初のワンチャンスでハンドを奪い相手を1人減らしたことと
PKで1点を取ったことが結果に大きな影響を与えたのは
にわかの私が言うまでもないことですが

冷静に戦力分析をすると勝率は10%以下だったと思います。

 

こんな形で日本代表に勝たれると

宝塚記念は“キセキ”がくるよ!

と、言いたくなりますが
感情的にならずに冷静に分析をして行きたいところですね。

 

 

それでは宝塚記念、枠順確定後の話をしていきたいと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ユニコーンステークスは1点勝負で的中!!

「トップシークレット」では“宝塚記念”において
勝利宣言をしている馬を無料で公表

また【宝塚記念・馬連1点勝負】も予定しており
今回限り特別無料配信が決定!

宝塚記念の馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

まず宝塚記念(阪神芝2200m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・先行馬が優勢

・牝馬が活躍するレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は曇りor雨予報となっているので
ちょっと読めない感じですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

 

1枠1番 ステファノス

前走の新潟大賞典は前残りの展開で持ち味を発揮できなかった
ステファノスは1枠1番に入りました。

この枠順での競馬となると、後方に下げると
馬群に揉まれてしまう可能性があるので
おそらく昨年の大阪杯のようにある程度前に位置で競馬をしそうです。

前で競馬が出来ると枠順の利を得そうなので面白くなりそうです。
ただ、後方に下げてしまうとジ・エンドなので
ギャンブル性の高い枠順に入ったと言えますね。

 

2枠3番 サトノダイヤモンド

前走の大阪杯では内枠に入り、馬群に揉まれて
持ち味を発揮できなかったサトノダイヤモンドは
2枠3番と再び内枠に入りました。

鞍上が戸崎騎手からルメール騎手に変わっており
ルメール騎手はポジション取りを考えられる騎手なので
前走と同じ轍は踏まない可能性はありますが

体力勝負で競馬をするサトノダイヤモンドにとって
内枠は、普通に考えると悪い枠に入ったと言えます。

ルメールマジックに注目ですね。

 

3枠5番 ストロングタイタン

前走の鳴尾記念ではトリオンフを下して
重賞初勝利を飾ったストロングタイタンは3枠5番に入りました。

鳴尾記念では内を割って伸びてきたという事もあり
一見、不利はなさそうに見えますが
本質的にはパワー・体力勝負を仕掛けたい馬なので外枠が良いタイプ

ある程度ペースが流れてくれることを期待したい馬ですね。

 

4枠7番 パフォーマプロミス

ここ2戦、G2戦で3着、1着と実績を残している
パフォーマプロミスは4枠7番に入りました。

好位を取れる自在性、器用さを兼ね備えた馬なので
枠順は大きく心配する必要の無い馬ですが
真ん中の7番枠というのは良い枠だと言えます。

あとは地力が通用するかどうか、ですね。

 

4枠8番 ダンビュライト

前走の香港で行われたクイーンエリザベス2世カップでは
いいところがなく7着に敗れたダンビュライトは
4枠8番と真ん中の枠にはいりました。

ルーラーシップ産駒らしく体力勝負で持ち味を発揮するタイプなので
内枠で自由に動けない展開だけは避けたかったところでしたが
今回は動きやすい枠順にはいれましたね。

武豊騎手の手綱さばきにも注目ですね。

 

5枠9番 サトノクラウン

昨年の宝塚記念勝ち馬であるサトノクラウンは
真ん中の5枠9番にはいりました。

昨年は外枠に入って押しきっているように
体力を活かして走るタイプなので
欲を言えば、もう少し外の枠に入れた方が良かったですね。

ただ、内枠で無かった点はプラスですね。

 

5枠10番 ヴィブロス

前走ドバイターフで2着に入り、改めてその能力を見せつけたヴィブロス
今回の宝塚記念では5枠10番と競馬をしやすい枠にはいりました。

牝馬のヴィブロスにとって阪神芝2200mという舞台は
本質的に向いている舞台とは言えませんが

「スタミナロスを抑えつつ、不利無く末脚を爆発させる」

という意味では最高の枠に入れたと言えます。

福永騎手がどう乗るか、注目ですね。

 

8枠16番 キセキ

日経賞で惨敗してしまったキセキは今回大外枠に入りました。

ルーラーシップ産駒ながら切れ味を武器とする馬なので
馬群で脚を溜めて、直線での末脚勝負となる形の方が良かったですね。

鞍上がデムーロ騎手なので、マイルチャンピオンシップの
ペルシアンナイトのように大外なのに内で脚を溜めるような
騎乗をする可能性はありますが
普通に考えると良い枠だとは言えません。

 



展開予想のポイント

展開のポイントは

”スローペースが必至である”

という事です。

おそらく逃げを打つであろうノーブルマーズはそれほど
速いペースで逃げる馬ではないので、

速いペースで逃げたい

「サイモンラムセスの単騎逃げ」

になる事が予想されます。

前が争わないとなると、落ち着いたペースでのレースが予想されるので
有力馬、そして有力馬に騎乗する騎手が
どの段階で仕掛けるのかが焦点となります。

人気馬は差しタイプが多いので
前に行く馬に比重を置くと面白そうですね。

 

まとめ

2018宝塚記念で良い条件の枠をゲットしたのは

5枠10番 ヴィブロス

4枠8番 ダンビュライト

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

1,2番人気が予想されるサトノダイヤモンド、キセキが
良くない枠に入ったことから

波乱含みという見解で予想をしたいですね。

 

私が2018宝塚記念で注目している馬は
今回抜群の舞台適性でレースが出来るあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ