【宝塚記念2018予想】波乱の使者はステファノス!穴馬に支持する根拠は?

Pocket

2018宝塚記念でそれほど人気ならないであろう
ステファノスが穴馬として注目出来る理由・根拠
について

他の出走メンバーと比較しながら、分析して話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今年の夏は北海道遠征に行く予定です。

目的地は札幌なので、札幌競馬場にも行ってみようかなぁと思っています。

なにぶん、北海道に行くのは20年ぶりくらいなので
楽しみで仕方がありません。

 

人によって好き嫌いが分かれるジンギスカンとかも
私は大好きですし、とにかく海の幸を堪能する気満々です。

そして、札幌競馬場も楽しみです。

 

 

私が主戦としているのは東京競馬場で
ローカル競馬場に参戦するのは
新潟競馬場、中京競馬場以来3場目となります。

広い競馬場もいいですけど、ローカル競馬場も味があっていいんですよね。

 

もちろん、馬券でも勝てるように頑張ってきます。

ただ、その前に今週の宝塚記念ですね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

サトノダイヤモンドの復活を阻む
人気薄の大穴馬はあの馬だ!

チェックメイトでは宝塚記念において

と超強気な姿勢を見せている穴馬(関西馬)の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
宝塚記念で穴を開ける大穴馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

宝塚記念で注目しているステファノスと私の見解

今週は安田記念以来、中2週を挟み
宝塚記念が行われます。


(2017宝塚記念 サトノクラウン)

ディフェンディングチャンピオンである
サトノクラウンをはじめ

GI2勝馬のサトノダイヤモンド、菊花賞を圧勝したキセキなど
グランプリの名に恥じないメンバーが揃いました。

 


(1番人気が予想される サトノダイヤモンド)

 

ただ、昨年のチャンピオンであるサトノクラウンをはじめ
ほとんどの馬が前走で惨敗しており
馬券的にはいくらでも捻ることが出来そうなレースです。

こういったレースは思い切って穴馬を狙いたいですね。

 

波乱含みの宝塚記念ですが
私が宝塚記念で注目している穴馬を公表したいと思います。

 

その馬の名前は

ステファノス

です。

 

ステファノスはディープインパクト産駒の実力馬で

過去には大阪杯、天皇賞秋で2着があるように
古馬の一線級と互角に戦えるだけの地力を持った馬です。

 

ただ、前走出走した新潟大賞典では3番人気に支持されながらも
11着と惨敗して、宝塚記念では大きく人気を落とすことが予想されます。

そんなステファノスが、なぜ宝塚記念で
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

宝塚記念、関係者内で1強と言われているのはあの馬!!

今年の宝塚記念は混戦が噂されているレースですが
関係者の話を聞くと1強状態だと専らの評判

「勝ちKEIBA」では1強と評判になっている馬

の情報を公開しています。

勝利を確信する馬はどの馬なのかは
今週「勝ちKEIBA」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

勝ちKEIBAへの無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ステファノスが買える材料

前走の新潟大賞典はノーカウントでOKのレース、人気落ちは妙味あり!

ステファノスが前走G3の新潟大賞典で11着に敗れたことは
話をしましたが、このレースは実力負けとは言えないレースでした。

レース内容を振り返ってみましょう。

新潟大賞典は平坦でスピードの出る新潟競馬場で行われながら

1000m通過 1分2秒3

という超スローペースになりました。

勝ったスズカデヴィアスは4コーナー6番手からの
差し切り勝ちでしたが、

1枠1番という好枠を活かして
距離ロス無く競馬を進めた結果の差し切りでした。

2着 ステイインシアトル 4角1番手(9番人気)

3着 ナスノセイカン 4角3番手(11番人気)

4着 トリオンフ 4角5番手(1番人気)

5着 トーセンマタコイヤ 4角9番手(8番人気)

と、極端とも言える超スローペースを味方にして
前に行った人気薄の馬が馬券に絡んだレースと言えます。

 

ステファノスのポジションを見てみると

7枠13番という外枠から外を通って
4角10番手から直線33.1秒の脚で追い込みも届かず

という競馬でした。

 

超スローからの上がり勝負で外枠から外を通って追い込んだ時点で
負けは仕方の無い結果だと言えますし
完全にノーカウントにしていい内容だと言えます。

ステファノスの実力とは全く関係の無いレースだったので
新潟大賞典11着で人気を落とすのは不当だと言えます。

香港カップ4着の実力を考えれば
ここでは十分に戦える馬である事は間違いありません。

 

叩き2走目で真価を発揮するステファノス

ステファノスの父親であるディープインパクトは
休み明けに強い種牡馬であることが知られていますが

ステファノスは休み明けが苦手な馬です。

過去の成績を見てみると

2017年 金鯱賞6着 → 大阪杯2着

2016年 毎日王冠5着 → 天皇賞秋3着

2015年 毎日王冠7着 → 天皇賞秋2着

休み明けでは格下のG2レースで負けておきながら
叩き2走目となるGIレースで好走する

というリズムを刻んでいる馬です。

 

宝塚記念に向かうローテーションを見ると

新潟大賞典11着 → 宝塚記念 ??着

と、好走しているローテーションでGIレースを迎えられるのは
ステファノスの強みだと言えます。

 

前走では全く力を発揮できなかったので

“宝塚記念では能力全開”

となる可能性は高いと言えます。

 

以上、2つの理由から

2018宝塚記念における

ステファノスは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 



まとめ

実績やレース内容では人気馬にも劣らないステファノスは
前走の敗戦で不当に人気を落とすであろう事を考えると

期待値の高い馬であると言えます。

ステップレースを負けて、GIレースに向かうというパターンは
過去の好走事例と合致しますし、

叩き2走目でパフォーマンスを上げてくることを考えると

2018宝塚記念で穴を開ける
可能性は十分にある

期待値の高い穴馬だと言えます。

宝塚記念はステファノスに注目ですね。

 

2018宝塚記念で私が最も注目している馬は
今回最も条件が向くであろう、あの実績馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。