【2018宝塚記念予想】ヴィブロスは海外帰りで状態を保てるのか?

Pocket

2018宝塚記念で重賞勝利を狙うヴィブロスについて
宝塚記念で重賞勝利を飾る可能性
凡走する危険性などについて話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先日、日曜日の朝にフジテレビ系列でやっている
「ワイドナショー」を見たんですが

そこで、ゲストコメンテーターの古市さんが
「ワールドカップは見ない」
と断言していましたね~

 

 

私は古市さんの考え方はそんなに好きではないのですが
(好きじゃないというより共感できないという感じ)

この意見は「ちょっと潔いなぁ」と思ってしまいました。

 

いくら国民的な大イベントであったとしても
興味が無い人やそもそもサッカーが嫌いな人もいるわけですからね。

「空気を読んで物を言う」というと
なんとなく聞こえが良くなりますが

ざっくり言うと

「圧力で自分の言いたいことが言えない」

 

雰囲気が溢れている事を示しているので
もう少し自分の言いたいことを言えて
その意見が例え自分と違っていても周りが受け入れてくれると良いなぁと思いました。

 

競馬の情報もかなりの同調圧力がありますよね~

宝塚記念に出走するサトノダイヤモンドやキセキは
明らかに前走苦しい競馬をしているのに
どこの新聞もこぞって「調教絶好調!」みたいな報道がされています。

“ホントに調教を見た人はそう思っているのかな?”

と感じずにはいられませんが
人気を背負う馬だから、下手に人を惑わせるような
情報を出せないようになっているのかなぁ

と勘ぐったりしてしまいます。

 

私のブログは忖度せずに

「良い物は良い、悪い物は悪い」

 

と自分の意見を言っていこうと思います。

それでは宝塚記念の話にいきましょう。

 



 

宝塚記念で注目を集めるヴィブロスと私の見解

さて、今週は宝塚記念が行われます。


(2017宝塚記念 サトノクラウン)

 

阪神芝2200mという非根幹距離で行われる重賞なので
能力よりもコース適性が物を言うレースです。

 

この春、GIで一番強い競馬を見せていた
スワーヴリチャードは安田記念に出走したこともあり
宝塚記念は回避となり、

前走で惨敗しているサトノダイヤモンド、キセキ
が人気になりそうなメンバー構成なだけに

事前の予想は非常に難しいレースになっています。

 


(出走回避となった スワーヴリチャード)

 

どの馬を本命にしても期待と不安が半々といった
メンバーではありますが

そんな宝塚記念で人気の一翼を担いそうな
実力馬が出走を予定しています。

 

 

その馬の名前は

ヴィブロス

です。

 

 


ヴィブロスはディープインパクト産駒の牝馬です。

デビューした事はまだ馬が本格化していなかったこともあり
春のクラシックには乗れませんでしたが

3歳の夏でめざましい成長を遂げて
紫苑ステークス2着の後に秋華賞を勝ちました。

前走のドバイターフでも日本馬最先着となる2着に入り
その実力が健在である事を証明しました。

 

ただ、今年初戦となった中山記念で8着に敗れるなど
安定味に欠ける面も見受けられます。

そんなヴィブロスは宝塚記念で買える存在なのでしょうか?

 

ヴィブロスの長所と短所を挙げてみました。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ひと叩きしたけど、青写真通り一変出来なかった…

調教が本来に動きでない、今回は勝負にならない

宝塚記念で弱音を吐くのはあの馬とあの馬

競馬セブンでは「状況が明らかに悪い」という
切り馬の情報を何頭もキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして宝塚記念3点勝負買い目も無料公開します!

知らないと絶対に損する極秘情報を堪能して下さい。

宝塚記念3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ヴィブロスの買えるポイント(長所)はここ

宝塚記念はディープインパクト産駒の牝馬が強い舞台!

宝塚記念は阪神芝2200mという
かなりタフな条件で行われるレースです。

それゆえに牝馬は苦戦をしていると思いきや

「牝馬が強いレース」となっています。

 

特に“ディープインパクト産駒の牝馬が強い”

レースです。

過去10年の宝塚記念において
ディープインパクト産駒の牝馬が馬券に絡んだ例を見てみると

2017 ミッキークイーン 3着(4番人気)

2016 マリアライト 1着(8番人気)

2015 デニムアンドルビー 2着(10番人気)

2015 ショウナンパンドラ 3着(11番人気)

2014 ヴィルシーナ 3着(8番人気)

2013 ジェンティルドンナ 3着(1番人気)

と、ジェンティルドンナ以外の馬は
人気薄の状態で激走している馬ばかりです。

 

宝塚記念はタフなレースではありますが

夏場に行われるレースなので牝馬の調子が良い

という点と

末脚勝負になる傾向があるので
ディープインパクト産駒のスピードが活きる

という点からディープインパクト産駒が活躍していると言えます。

 

今年出走を予定しているヴィブロスについては
秋華賞を差しきったように速い脚を持っている馬ですし

レース数をそれほど使っていないので
まだピークを超えた存在とは言えません。

宝塚記念に適性のある馬だと言えますし
ここは走りやすい舞台となる点はプラス要素ですね。

 

 

ヴィブロスの危険ポイント(短所)はここ

ドバイ好走後の海外帰り、やはり状態面は不安?

ヴィブロスのローテーションを見てみると
前走ドバイターフでGIに出走し
帰国後初戦のレースである事が分かります。

ディープインパクト産駒の特徴と言えば

“消耗に弱く、体力面に不安がある”

という事が言えます。

 

2014年から2016年上半期までと少し前のデータになりますが
前走海外のレースを走ったディープインパクト産駒の成績を見てみると

と、ディープ産駒は海外帰りを苦手にしている事が分かります。

先日の安田記念に出走してきたリアルスティールも
まったく見せ場を作れず惨敗してしまっており
ディープインパクト産駒の「ひ弱さ」は目立ちます。
(私はこのデータがあるので安田記念のリアルスティールには印をつけませんでした)

ヴィブロスがドバイに行ったのは今年が初めてではありません。

 

昨年もドバイターフに出走しており勝利を収めた後
府中牝馬ステークスに出走しているので
ここでのレース内容を振り返ってみると

東京芝1800mという内枠有利な条件の中で
1枠1番という最内枠をGETしての出走

レースはクロコスミアに逃げ切りを許したものの
ロスのない走りでアドマイヤリードを押さえて
しっかりと2着を確保した。

という内容でした。

 

このレース内容だけを見ると

“ヴィブロスはそれほど遠征のダメージが無かった”

といえますが、府中牝馬ステークスは秋に行われるレースで
約半年の間隔を空けて出走した点は無視できません。

 

ドバイターフでのパフォーマンスは
今年よりも昨年の方が高かったので
昨年の方がダメージは大きかったと言えます。

「ドバイターフ激走から半年後の出走」

「ドバイターフ好走から3ヶ月後の出走」

が、イコールとなるのであれば、
ヴィブロスの力を発揮してくれるかもしれませんが

“実際のところは未知数”

です。

 

未知数である以上、

ヴィブロスには不安材料がつきまとっている

といえます。

 

以上が

ヴィブロスの長所と短所です。

 

 

まとめ

昨年同様ドバイターフで好走したヴィブロスですが
宝塚記念はディープインパクト産駒の牝馬に適性のある舞台なので

“持っている力を出せれば好走出来る確率は高い”

といえます。

ただ、ドバイでのレースを経た後のレースになりますので
状態面は大きな鍵を握り、昨年よりも短いスパンで出走してくる点は
不安材料として挙げられまるので

宝塚記念では調教の様子や馬体重に注意が必要ですね。

 

2018宝塚記念で注目している馬はヴィブロス
穴として注目しているのは、今回最も不当な評価を受けそうなあの実力馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。