【小倉記念2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【小倉記念2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは小倉記念2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

小倉記念は小回りコースで行われる夏の重賞レースです。


(写真は2017小倉記念 タツゴウゲキ)

小倉記念は小倉競馬場で行われる数少ない重賞レースです。

昔、メイショウカイドウが小倉競馬場の重賞で
度々勝ったように小倉巧者、小回り巧者が活躍するレースとなっています。

昨年はタツゴウゲキが小倉記念を勝利して
そのままサマー2000チャンピオンになったので
サマーチャンピオンを決める意味でも重要なレースですね。

そんな小倉記念にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

トリオンフ 2.3倍
サトノクロニクル 5.5倍
キョウヘイ 高倉 8.7倍
マウントゴールド 22.7倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

充実一途の トリオンフ

前走の鳴尾記念ではストロングタイタンに出し抜かれたものの
G3レベルでは力上位である事を見せつけたトリオンフ

もともと小回りコースで力を発揮するタイプの馬で
2走前の新潟大賞典は適性外で仕方なし
3走前の大阪杯は相手が強すぎて仕方なしと考えると
小倉競馬場で行われる小倉記念であれば信頼がおける存在となります。

重賞2勝目の期待が持てる馬ですね。

天皇賞春では惨敗した サトノクロニクル

前走の天皇賞春では伏兵視されていながら惨敗したサトノクロニクル

GIになると格負けしてしまうタイプの馬ですが
今年の阪神大賞典では2着、昨年のチャレンジカップでは1着と
G2、G3なら十分に主役を張れるだけの馬です。

今回の小倉記念はメンバーが揃いましたが
サトノクロニクルの能力なら勝ち負け出来そうです。

重馬場の鬼である キョウヘイ

前走の垂水ステークスで条件戦を勝ち上がったキョウヘイ

良馬場でもオープンクラスを走れる力のある馬ですが
重馬場、不良馬場になった時のパフォーマンスは一気に上がるので
小倉記念は天気が崩れる事を願いたいですね。

条件戦を勝ち上がった マウントゴールド

門別での競馬を経験しながら着実にクラスを上げてきたマウントゴールド

前走の下鴨ステークスは4コーナー手前から徐々に押し上げて
直線でも楽々押し切ったレースぶりはオープンクラスでの活躍を予感させる内容でした。

今回の小倉記念では相手が強くなりますが
マウントゴールドの実力を試す良い機会だと言えます。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ小倉記念の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。