【宝塚記念2018有力馬危険度分析】サトノダイヤモンド復権なるか!?

Pocket

ここでは宝塚記念2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるサトノダイヤモンドの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

今週は宝塚記念が行われますね。

私が最も印象に残っている宝塚記念は

ゴールドシップが勝った 2013年の宝塚記念です。

 


(2013宝塚記念 ゴールドシップ)

ゴールドシップは前年の皐月賞、菊花賞、有馬記念と
3つのGIタイトルを制して
2013年は現役最強馬の呼び声が高い中でのシーズンとなりました。

年明け初戦となった阪神大賞典も楽勝

もうこれは完全な「無双モード」だなぁ

と思われていた天皇賞春では
単勝1.3倍の人気を裏切って5着

後から思い返してみると、この天皇賞春から
ゴールドシップの癖が前に出てき始めた訳ですが

天皇賞春を見せ場無く惨敗してしまったため

宝塚記念の当日はジェンティルドンナに次ぐ
2番人気と人気を落としていました。

 

このときに私は思ったんですよね~

“いやいや、ゴールドシップが最強でしょ!”

まだ、ゴールドシップが軽い馬場(条件)に弱いという事を
理解出来てなかったので、割と感情的になって馬券を買いました。

 

すると、スタートからズブいゴールドシップが
まさかの先行策に転じて、ジェンティルドンナを3馬身半離して圧勝
(2着は人気薄のダノンバラードでしたが…)

この年のゴールドシップは最高にカッコ良かったです。

 

今年はゴールドシップ級のかっこいい
勝ち方をしてくれる馬が誕生してくれるのか?

馬券はもちろんのこと、レース内容に注目しています。

 

という事で2018宝塚記念の話に行きましょう。

 



 

今週は宝塚記念が行われます。

 


(2017宝塚記念 サトノクラウン)

現役最強馬のキタサンブラックが引退して
古馬長距離路線は混沌としています。

4歳馬は強いですが、天皇賞春で1,2着に入ったのはベテラン勢と
宝塚記念の勢力図は未だに見えていません。

 

今年も昨年と比較するとちょっとインパクトに欠ける面が否めませんが
春の総決算を題するのに相応しいメンバーは揃いました。

そんな宝塚記念で良い予想をすべく、
出走を予定している有力馬について
予想の参考になる見解を話していきたいと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

宝塚記念は勝てる前提で出走している

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ベストレコード』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ベストレコード』に無料会員登録してくれた人には
無料で宝塚記念勝負馬の情報を教えます。

宝塚記念の重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ベストレコードの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

宝塚記念の有力馬の危険要因と買い要素

 

サトノダイヤモンド

前走の大阪杯は3番人気に推されながら見せ場のない7着

金鯱賞ではそれなりの競馬が出来たサトノダイヤモンドですが
大阪杯で勢いが無くなってしまったことを露呈しました。

もともと体力で勝負するタイプのディープインパクト産駒で
余力を見せてこそ力を発揮する馬でしたが
フランス遠征の影響でその余力と余裕が失われた可能性が懸念されます。

ここで走れないようだと今後の競走生活は厳しそうですね。

 

キセキ

昨年の夏からめざましい成長を遂げて
一気に菊花賞を制したキセキ

激走続きの上に、不良馬場を走りきった後の
香港ヴァーズを負けたのは仕方がないにしても
年明け初戦の日経賞で惨敗したのは大きな不安材料です。

サトノダイヤモンドと同様に菊花賞で全てを出し切って
馬が終わってしまった可能性も十分に考えられます。

宝塚記念ではまだ見限れませんが
信頼度は高くない馬だと言えます。

 

ワーザー

昨年の香港カップでは1番人気に推されたワーザーは
久しぶりの外国からの参戦となります。

今年は既に3戦を消化していますが
GIを勝ちきれず、ステップレースとなる前走も3着

絶対的な強さを持っているとは言えない事に加えて
日本の馬場への適性も未知数で
期待よりも不安が大きい馬だと言えます。

 

サトノクラウン

昨年の宝塚記念の勝ち馬であるサトノクラウン

京都記念で連覇を果たし、宝塚記念を勝っているように
非根幹距離のタフなレースで持ち味を発揮する馬です。

昨年は天皇賞秋こそ2着に入ったものの
ジャパンカップ、有馬記念と続けて惨敗

今年初戦となったドバイシーマクラシックでも7着と負けていますが
もともと条件が揃わない時は走らないタイプの馬

今回は休み明けに加えてベストの条件と言うことで
侮れない存在となります。

 

パフォーマプロミス

昨年から成長著しいパフォーマプロミス

前走の目黒記念では3着に敗れたものの
しっかりと自分の力を出し切りました。

GIで勝ちきるような派手なパフォーマンスがない点は気になりますが
人気上位陣に不安要素があるだけに
周りが走れない時には出番が回ってきそうな馬です。

 

ヴィブロス

今年のドバイターフでも好走して2着と
海外レースで強さを見せるヴィブロスですが
国内でのレースはエリザベス女王杯5着、中山記念8着とイマイチ

宝塚記念はディープインパクト産駒の牝馬が強い点は
心強い限りで、ドバイ帰りのローテーションも
昨年の府中牝馬ステークスで2着に入っているので問題はなさそうですが
安定感に欠ける面は否めません。

 

まとめ

今年の宝塚記念は
人気上位馬全てに不安要素があるレースです。

地力では抜けた力を持っているサトノダイヤモンドとキセキが
どこまで復調を見せるのかが、大きなポイントとなりそうです。

この2頭が崩れるようであれば
大荒れの決着も十分にあり得ます。

思い切って穴を狙いたいレースですね。

 

 

2018宝塚記念で私が注目している馬は
臨戦過程が一番良いと判断している、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。