【宝塚記念2018】過去10年のデータ分析|内回りでも末脚勝負!

Pocket

2018宝塚記念を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
宝塚記念で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はいよいよ夏のGI総決算である
「宝塚記念」が行われます。

昨年はキタサンブラック、シュヴァルグランという

天皇賞春ワンツー組が出走しただけでなく

牝馬トップであるミッキークイーンも出走して
少頭数ながらかなりレベルの高いメンバーとなりましたが

今年はちょっとレベルに疑問符がつきそうです。

 

GI2勝の実績馬サトノダイヤモンドは
事前情報として不調が伝えられていますし

菊花賞馬キセキは年明け初戦となった日経賞で何も出来ずに惨敗

海外からの死角であるワーザーは能力の高さこそ認めるものの
日本の競馬場への適性が疑問で力を出せるかどうかが分からない。

という事で、波乱の予感がプンプンするレースになりましたね。

 

 



 

さて、混戦模様の宝塚記念が今週は行われる訳ですが


(2017宝塚記念 サトノクラウン)

このレースはGIでは珍しい2200mという非根幹距離で
行われるGIと言うこともあり、かなり求められる能力に偏りがあります。

 

競走能力が大きく偏っていたゴールドシップが
このレースを連覇していることからも

“宝塚記念は癖があるレースである”

という事が分かりますよね。

 

コースに癖があり、出走メンバーにも一長一短がある
宝塚記念は果たして実力馬が勝つのか?大波乱となるのか?

そんな宝塚記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

宝塚記念2018、ここに全てを賭けているのはあの有力馬!!
徹底分析して出てきた結論から宝塚記念はあの馬の1強レース!!

稼ぐための投資競馬サイト「ドリーム万馬券」

今週のメインレースは宝塚記念

ドリーム万馬券では宝塚記念の無料情報公開が決定している上に
10万円分のポイントを無料でプレゼント!!

「ドリーム万馬券」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『ドリーム万馬券』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

宝塚記念過去10年のデータ分析

差しのイメージがあるも、原則は先行馬が有利なレース

まず、最初に注目したのは宝塚記念の脚質です。
以下は宝塚記念での4コーナーでの順位別成績です。

 

昨年のサトノクラウンやゴールドシップなど
差し馬が勝っている印象のある宝塚記念ですが

好走率、回収率の数字を見てみると
先行馬が有利となっています。

 

阪神競馬場2200mは内回りコースとなっており
直線が短いので物理的に先行馬が有利となります。

ここに加えて宝塚記念というレースは

非根幹距離でスタミナを問われる形態である上に
阪神競馬場の急坂を2度超える力の要るコース

となっているので、

基本的に差しは利きづらいです。

 

実際にゴールドシップもサトノクラウンも
好位から押しきる形でのレースをしており

“宝塚記念は先行馬が有利なレース”

という事を押さえておきたいですね。

 

ちなみに上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

と、上がり3ハロンが1位の馬は連対率100%
とパーフェクトな成績を見せています。

 

先行馬が有利なレースではありますが

“好位につけて直線でも更に伸びる”

というスタミナとパワーを保持した馬が
活躍するレースである

という事も言えます。

 

タフさが求められるレースはベテランが強い!

次に宝塚記念の年齢別成績を見てみます。

主に出走しているのは4歳、5歳、6歳馬ですが

4歳馬の成績だけ悪く
5歳馬、6歳馬の成績は良好となっています。

 

宝塚記念は前述したようにタフな条件で行われるレース

能力と勢いのある若い馬よりも
耐久力とレース経験が豊富なベテランの方が強い

レースである事が分かります。

 

ちなみに宝塚記念の前走出走レース別成績を見てみると

と、前走天皇賞春に出走した馬は
好走率、回収率ともに不調です。

 

昨年のキタサンブラックやシュヴァルグランのように
天皇賞でかなり体力を消費したことで

宝塚記念をベストな状態で出走できない

という事が一番の要因となっています。

特に昨年の天皇賞春は激しいレースになったので

圧倒的な人気に推されたキタサンブラックが
飛んでしまいました。

今年の天皇賞春も勝ち馬レインボーラインが
レース後に故障を発生して引退となってしまったので

天皇賞春をステップに出走してくる馬は
かなり厳しくなる可能性が高そうですね。

 

タフな条件でも、末脚のある馬が強い!

最後に宝塚記念の種牡馬別成績を見てみましょう。

ディープインパクト産駒が1位となっており
回収率の面でも優秀な成績を残しています。

 

ディープインパクト産駒の特徴としては

“タフな競馬に弱い”

という特徴がありますが
宝塚記念に限ってはディープインパクト産駒も走っています。

原因としては開催時期も大きく関わっています。

 

牝馬が活躍しやすい夏場のレースという事もあって

過去には

マリアライト、デニムアンドルビー、ショウナンパンドラ、ミッキークイーン

など、ディープインパクト産駒の牝馬が走っています。

 

“流れはタフだけど馬場は軽い”

こんな感じですね。

 

参考までに宝塚記念に馬体重別の成績を見てみます。

一般的に馬体の大きい馬が強いとされている中で
馬体の軽い馬が活躍していることが分かります。

“軽量馬が走りやすい条件である”

という事の証明にもなっています。

 

スピードや末脚をウリにしている馬を狙う

形は宝塚記念の基本戦略になりそうですね。

 

 

以上が2018宝塚記念を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

宝塚記念は阪神競馬場の急坂を2度通過する
内回りコースと言うことで
基本的にはタフな流れになることが多く
若駒よりもベテランが強いレースです。

ただ、夏場のGIレースと言うこともあり

スピードのある馬、末脚のある馬が活躍することが多く

ディープインパクト産駒や牝馬でも互角に戦える舞台なので
スピードのある馬は積極的に狙っていきたいですね。

 

 

私が宝塚記念で注目しているのは、余力を十分に残していて、
ここでの末脚勝負に持ち込めそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ