エプソムカップ2018枠順確定、有利な枠に入った馬と展開が恵まれそうな馬は?

Pocket

2018エプソムカップの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたエプソムカップでの
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

エプソムカップの枠順が発表となりましたね。

東京芝1800mという力を出しやすい条件での
重賞レースと言う事で
G3の割には毎年骨のあるメンバーが揃うレースですが

「今年も秋に活躍が期待できそうなメンバーが揃いましたね」

 

毎日王冠4着以降、常に安定した成績を見せている
ダイワキャグニーが主役となりそうです。

毎日王冠と同じ舞台というのは好材料ですが
どう考えても馬場悪化がプラスになるタイプではなく…

そんなに簡単なレースにならないでだろうことは
想像がつく訳ですが、

どうせ攻めるなら大胆にいきたいですよね。

 

人間、調子が悪い時って言うのは守りに入ってしまうものです。

いきなり窮地に立たされた西野監督を見ても分かりますし
連敗中の野球チームの監督が変な采配をしてしまうことからも分かります。

私も今年は非常に調子が良くないので
なんとなく守りたくなってしまいますが
ここは攻めますよ!!

「敢えてダイワキャグニー」

という選択もありそうですね。

 

それではエプソムカップ、枠順確定後の話をしていきたいと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

エプソムカップでは確実に狙える
マスコミの取材対象にならない確勝級の馬がいる!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

創業37年【ホースメン会議】ではエプソムカップで
鉄板と言える馬の情報をしっかりと掴んでいます。

今週ホースメン会議に新規登録してくれた方には
エプソムカップの鉄板級馬の名前を公開!!

そして7月1日まで1日1鞍無料予想を公開します!!

以下をクリックして登録して下さい。

エプソムカップ予想を無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

まずエプソムカップ(東京芝1800m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・先行馬が圧倒的に優勢

・実力勝負の堅い決着

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は雨予報となっているので
良馬場でのレースは見られなさそうです。

馬場の面で考慮する必要もありますね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

 

2枠3番 エアアンセム

前走の都大路ステークスではグアンチャーレらを押さえて
2着に好走したエアアンセム

小回りコースでの立ち回り勝負が得意なだけに
2枠3番という枠順は絶好の枠順だと言えますが
本質的に広々としたコースは向かない馬。

今回は好枠を引けたので、是非前の方で競馬をしたい馬ですね。

 

2枠4番 トーセンマタコイヤ

ここ2戦は新潟大賞典、中山金杯と重賞レースを使って
5着、6着としっかり成績を残しているトーセンマタコイヤ

ディープインパクト産駒ではありますが
ディープらしい切れ味は持っておらず
先行しての押し切り勝ちを得意とする馬なだけに
今回の4番枠は良いところを引けましたね。

 

3枠5番 グリュイエール

前走は約2年振りのレースながら
先行策からあっさりと抜け出して勝利を収めたグリュイエール

先行策を得意とするグリュイエールにとって
3枠5番は良い枠を引けました。

2年振りの競馬であっさりと勝ったように
2走ボケの心配はありますが
力を出せれば互角に戦える能力はあります。

 

3枠6番 ハクサンルドルフ

展開に左右されながらも毎回のように
最速に近い末脚を繰り出すハクサンルドルフ

エプソムカップは例年前残りの傾向があるだけに
展開はポイントとなってきそうですが
スタートでポジションを下げづらい6番枠は良い枠だと言えますね。

馬場も悪化しそうですし、ハクサンルドルフ向きの
条件は整ってきた印象があります。

 

4枠8番 サーブルオール

前走の美浦ステークスでは一度後続の馬に抜かれながらも
再度差しかえし勝利を収めるという
味な競馬を見せたサーブルオール

東京競馬場の勝ち鞍こそありますが
本質的にはスタミナで勝負するタイプの馬

スピード感に欠ける部分があるので
揉まれやすい内枠で無かったことはプラス要素です。

 

5枠10番 ダイワキャグニー

抜群の東京適性を見せるダイワキャグニーは
真ん中の10番枠に入りました。

ダイワキャグニーの個性から考えると
もう少し内目で立ち回りを活かせた方がいいと言えますが
前走で差し競馬を見せているように
脚質の自在性がある馬なので10番枠はレースをしやすい枠です。

馬場は良い中で競馬をしたいですね。

 

7枠14番 バーディーイーグル

東京競馬場のレースでは毎回のように
掲示板に乗るレベルのパフォーマンスを見せるバーディーイーグル

今回は14番枠という厳しい枠順を引き当てましたが
血統的には馬場が悪くなって面白みが沸きそうな馬なので
天候が悪くなったときにバーディーイーグルの怖さが増しそうです。

 

8枠16番 サトノアーサー

前走は差し脚が鈍り3着に敗れたサトノアーサー

今回のエプソムカップでも距離ロスがあって
最後の末脚が鈍りそうな大外枠に入りました。

エンジンのかかりが遅い馬で勝ち味に遅いタイプなので
早めの競馬が望ましいですが、
鞍上の戸崎騎手はサトノアーサーをどう導くのか?

難しい選択を迫られそうです。

 



展開予想のポイント

展開のポイントは

”馬場がどうなるのか?”

という事です。

冒頭で話したように

“エプソムカップは前残り傾向のあるレース”

ですが、馬場が悪化する事でこの傾向が崩れる可能性があります。

雨がどれくらい降るのか?
馬場がどれくらい悪くなるのか?

他のレースは先行有利なのか?差し有利なのか?

直線まで見極めてから馬券を買いたいですね。

 

まとめ

2018エプソムカップで良い条件の枠をゲットしたのは

2枠4番 トーセンマタコイヤ

2枠3番 グリュイエール

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

1番人気が予想されるダイワキャグニー
2番人気が予想されるサトノアーサー

この2頭の取捨が大きなポイントとなりそうですね。

 

私が2018エプソムカップで注目している馬は
鉄板級の評価を与えていたあの人気馬ですが…、雨なら…

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ