【エプソムカップ2018予想】波乱の使者はトーセンマタコイヤ!穴馬に支持する根拠は?

Pocket

2018エプソムカップでそれほど人気ならないであろう
トーセンマタコイヤが穴馬として注目出来る理由・根拠
について

他の出走メンバーと比較しながら、分析して話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今更ながらですが、安田記念のモズアスコットはすごかったですね~

安田記念以外のレースは全て大外に回して
体力勝負を仕掛けていた馬なのに

安田記念ではインを突いての競馬

 

ルメール騎手の判断も素晴らしかったですけど
直線で末脚の鋭さを出せるように連闘策を講じた
矢作調教師をはじめとする陣営の判断も素晴らしすぎです。

 

アエロリットとの直線での差をみると
勝てるか勝てないかは実力だけでなく
運的なプラスアルファが必要になってきます。

 

そのプラスアルファを引き寄せる仕上げや騎乗が出来る人が
トップの成績を残すんだなぁ

という事を実感しました。

 

常に創意工夫を行う、チャレンジを行う

という事は非常に大切なことですよね。

何にも考えないとぼーっといつも通りの
ルーチンワークに終始してしまいますが

常に自分の中に変化を求めて動きたいと思う安田記念でした。

 

さて、エプソムカップの話に行きましょう!!

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

エプソムカップで注目しているトーセンマタコイヤと私の見解

今週はGIウィークもひと段落して
名物G3レースであるエプソムカップが行われます。


(2017エプソムカップ ダッシングブレイズ)

東京芝1800mの重賞は好きなんですが
この条件と馬券の相性があまり良くありません。

毎日王冠、府中牝馬ステークス、共同通信杯と
なかなか的中がないレースですが

エプソムカップは馬券の相性がいいレースです。

 

 

エイシンヒカリが勝った時は3連単2点で的中しましたし
昨年も1,2着が対抗、本命でした。

ダークシャドウが勝った時も的中しましたし
相性がいいレースなので思い切って馬券を買いたいですね。

 

毎年堅いレースとなっているエプソムカップですが
私がエプソムカップで注目している穴馬を公表したいと思います。

 

その馬の名前は

トーセンマタコイヤ

です。

 

トーセンマタコイヤはリーディングサイアーである
ディープインパクト産駒ですが

トーセンマタコイヤ自身は地味な競走生活を送ってきました。

 

デビューから3連勝した時は “大器出現” という扱いをされ
一気に重賞制覇、そしてGIまで手が届くのではないか

と思っていましたが、1600万条件でまさかの足踏み

 

3走前にやっと準オープンクラスを卒業して
晴れて重賞に出走するようになりましたが

中山金杯 6着

新潟大賞典 5着

とここでも頭打ち。

重賞レースでの活躍は難しいかなと思わせる
トーセンマタコイヤですがなぜエプソムカップで
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

トーセンマタコイヤが買える材料

叩き上げのディープ産駒、徐々にレースが良化

トーセンマタコイヤは成績が地味だという話をしましたが
徐々にレース内容と成績が良化しています。

重賞は2戦して中山金杯6着、新潟大賞典5着と負けていますが
どちらのレースも見どころのあるレースでした。

中山金杯は逃げを打ちましたが、途中でマイネルミラノに絡まれ
2番手に下げて直線を迎えるという厳しい展開

最後は力尽きましたが、ダイワキャグニーとハナ差の6着
(勝ち馬から0.3秒差)は悪い内容ではありません。

新潟大賞典は中山金杯とは一転、後方からの競馬になりましたが
直線では前が詰まって進路を探すシーンがありました。

結局内へ切れ込みながら伸びて0.3秒差の5着となりましたが
「前が詰まらなければ」と思わせる内容でした。

 

重賞2戦は見どころのあるレースをしていますし
そのパフォーマンスは徐々に上がっています。

今回のエプソムカップは重賞3戦目

更なる上積みがあれば、G3なら十分に通用します。

 

エプソムカップはトーセンマタコイヤには絶好の舞台?

トーセンマタコイヤは前走の新潟大賞典こそ
差しに回りましたが、本質的には

「先行して粘り込む事を得意としている馬」

です。

 

前走は差しに回ったので、今回は先行に回ることが想定されますが
エプソムカップでは先行馬が非常に有利となっています。

以下はエプソムカップにおける過去10年の
4コーナー順位別の成績です。

圧倒的に先行馬が有利なレースとなっています。

昨年の1,2着馬であるダッシングブレイズ、アストラエンブレムも
4コーナーでの順位を見てみると

ダッシングブレイズ 3番手

アストラエンブレム 3番手

ちなみに3着になったマイネルハニーは4角1番手

と先行馬が上位を独占したレースになりました。

 

差し脚鋭いサトノアラジンもエプソムカップに出走した時は
4角4番手で競馬をしましたし

ダークシャドウも4角4番手での競馬

過去上位に入った馬を見てみても圧倒的に先行馬が多い

というのはエプソムカップの特徴です。

 

トーセンマタコイヤの成績を見てみると
過去10走の中で4角5番手以内にいたのは8回

先行力を武器にした馬である

事が分かります。

トーセンマタコイヤにとってはエプソムカップは
力を出し切れる絶好の舞台になりそうですね。

 

以上、2つの理由から

2018エプソムカップにおける

トーセンマタコイヤは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 



まとめ

実績やレース内容では人気馬に劣るトーセンマタコイヤですが

エプソムカップは脚質的にも向いているレースで
力を出し切れる可能性は高い馬です。

また、過去出走した重賞2戦でも見どころのあるレースをしており
重賞3走目の上積みを考えると

「大きく地力は劣らない存在」

だと言えるので

2018エプソムカップで穴を開ける
可能性は十分にある

期待値の高い穴馬だと言えます。

エプソムカップはトーセンマタコイヤに注目ですね。

 

2018エプソムカップで私が最も注目している馬は
真っ当に考えればこの馬!と考えているあの人気馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。