【安田記念2018予想】波乱の使者はサトノアレス!穴馬に支持する根拠は?

Pocket

2018安田記念でそれほど人気ならないであろう
サトノアレスが穴馬として注目出来る理由・根拠
について

他の出走メンバーと比較しながら、分析して話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

 

「最近の若い者は…」

というのは年を取るとついつい出てしまう口癖ですよね。

私も既に40歳を超えているので
そんなセリフを言う気持ちが分かってきましたし
周りにそんなセリフを言う人が増えてきました。

だけれども、実際問題色々な事に目を向けてみると

「若い人の方が賢いな」

と思う事が多くなったりしています。

 

年を取れば、取るほど昔のやり方とか考え方に
拘っている感じがするんですよね~

時代は変化しているのに
考え方が全く変化しないというのは

「どんどん時代に取り残されている証拠」

だと思っています。

 

例えば、今の世の中に江戸時代からタイムスリップした
人が現れて「ああだこうだ」言い始めたら、

「昔の人間が何言ってるんだよ、バーカ!」

とか思いますよね。

年を取れば取るほど、そういう感じになっていくと思っていて

「日大のタックル問題」とか「相撲の暴行事件」を

見ていると昔の考え方の未熟さを感じますし

職場で無理矢理夜の付き合いをさせたりするのも
「もはや時代遅れ」という感じはしますよね。

 

「交流を深めるため」とか言っている側が
ひたすら偉そうにしていて後輩をこき使っている姿とかを見ると

「賢くものを見ているとは思えません」

 

なので、考え方は柔軟に…

「時代が変われば価値観は変わる」

と思って過ごした方がストレスは少なさそうですね。

 

さて、安田記念の話に行きましょう!!

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

安田記念は2点勝負で的中できる!

本命の相手となる穴馬はあの2頭だ!

競馬セブンでは安田記念で確信を持てる本命馬と
勝負気配がズ抜けている穴馬2頭の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

昨年の安田記念では万馬券を1点勝負で仕留めた競馬セブン

安田記念3点勝負買い目も無料公開します!

知らないと絶対に損する極秘情報を堪能して下さい。

安田記念3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

安田記念で注目しているサトノアレスと私の見解

今週は春の東京GIのオーラスを飾る安田記念が行われます。


(2017安田記念 サトノアラジン)

現時点で考えられるトップマイラー達が集結しました。

昨年のマイルチャンピオンシップを勝った ペルシアンナイト

マイルチャンピオンシップ3着の サングレーザー

マイルGIで2着が3回ある リスグラシュー

とマイルで実績のある馬が多々出走してくる上に


(マイルチャンピオンシップ勝ち馬 ペルシアンナイト)

 

今年の大阪杯を勝ったスワーヴリチャードも出走してきます。


(大阪杯勝ち馬 スワーヴリチャード)

 

実力馬が多く荒れる雰囲気が漂ってこない安田記念ですが
私が安田記念で注目している穴馬を公表したいと思います。

 

その馬の名前は

サトノアレス

です。

 

サトノアレスは2歳時に朝日杯フューチュリティステークスを勝ったGI馬です。

ただ、その後の成績は低迷。

オープン特別の巴賞こそ勝利しましたが
その後は“5戦して勝利経験はなし”と
苦戦が続いている馬です。

 

残している実績は今回人気になる馬と比較して低く
2018安田記念では人気にならない事が予想されます。

そんなサトノアレスがなぜ安田記念で
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

安田記念は迷う事なくあの馬の1強!!
確勝級の情報が飛び交う馬はあの馬!!

独自のロジックを使って予想する競馬サイト「FUN競馬」

今週のメインレースは安田記念

FUN競馬では安田記念の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「FUN競馬」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『FUN競馬』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

サトノアレスが買える材料

メンバー中、最も安田記念を意識したローテーション

今回安田記念では多くの有力馬が出走してきますが

「スワーヴリチャードは初めてのマイル戦」

であることをはじめとして

「ペルシアンナイトは前走GIで2着と力を出し切ったうえでの臨戦」

「サングレーザーは前走レコード勝ちが反動が不安な臨戦」

と、安田記念を頂点とした目一杯の仕上げを感じられる馬がいません。

 

ここでサトノアレスをローテーションを見てみると

春初戦は東京新聞杯を選択

リスグラシューには負けたものの
内から伸びてしっかりと2着を確保しました。

そして、春2戦目となった京王杯スプリングカップでは
好枠を引いたにも関わらず、15番手という
絶望的な位置からの競馬をしながら

上がり3ハロン32.7秒という末脚を見せ
直線だけで追い込んで3着を確保しました。

 

どちらのレースも

力を100%発揮することなくそれでいて結果を残す

というGIレースに向けて最も理想的な
ローテーションを刻んでの出走となります。

 

能力的には他の有力馬と比較して劣る点は否めませんが

「安田記念への本気度」は一番の存在だと言えます。

 

休み明けは無理をさせず、馬の状態を徐々に上げていく
藤沢厩舎の馬である点も強調ポイントで

安田記念で大駆けする準備が出来た状態

だと言えます。

 

良馬場のレースならまだ底が割れていない

サトノアレスの成績を見ていると気になるのは
G3レースで凡走をした

函館記念 6着(1番人気)

富士ステークス 6着(6番人気)

この2つのレースです。

 

今年の京王杯スプリングカップと東京新聞杯では
高いパフォーマンスを見せたサトノアレスが

なぜ、函館記念と富士ステークスを惨敗したのか?

という事を探ってみます。

 

2つのレースに共通するのは

「馬場が悪かった」

という点です。

函館記念はただでさえ馬場の重い函館競馬場で重馬場のレース

富士ステークスは雨が降っている中での不良馬場

とい状態でした。

 

サトノアレスはディープインパクト産駒です。

ディープインパクト産駒は総じて

「重馬場に弱い」

という特徴のある馬です。

軽い走りを見せるサトノアレスにとって
重馬場、不良馬場は得意である訳もなく

函館記念、富士ステークスは仕方のない敗戦であり
参考外のレースだったと言えます。

 

当日の東京競馬場の天気予報を見てみると「晴れ予報」

サトノアレスが力を出せる条件で競馬が出来る可能性は高く
今年の2戦で見せたような末脚が期待できます。

 

以上、2つの理由から

2018安田記念における

サトノアレスは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 



まとめ

実績やレース内容では人気馬に劣るサトノアレスですが

安田記念で力を出せるローテーションを組めており
本番で100%以上の力を見せられる可能性は高い馬です。

また、巴賞以降勝ち星はありませんが
函館記念、富士ステークスと敗因は明らかであり
東京新聞杯、京王杯スプリングカップでは高いパフォーマンスを見せている事から

「大きく地力は劣らない存在」

だと言えるので

2018安田記念で穴を開ける
可能性は十分にある

期待値の高い穴馬だと言えます。

安田記念はサトノアレスに注目ですね。

 

2018安田記念で私が最も注目している馬は
真っ当に考えればこの馬!と考えているあの人気馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。