【安田記念2018予想】リスグラシューが期待値の低い最も危険な人気馬だと言える根拠は?

Pocket

2018安田記念に出走を予定している
リスグラシューが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は安田記念が行われますが
私が過去の安田記念の中で最も印象に残っている馬が1頭います。

その馬の名前は

「スピードワールド」

です。

 

この馬は安田記念を勝ったわけではありません。

3着に入っただけなんですが
スピードワールドが印象に残っているのはいくつか理由があります。

 

一番の理由は

3歳馬なのに古馬一線級と互角に戦ったという事です。
(当時は数えでカウントしていたので4歳馬と読んでいました)

 

当時の安田記念はプログラム的に
5月末頃行われていました。

今の安田記念は3歳馬も出走できるようなローテーションになっていますが
当時、3歳馬の出走はまずありえないとされていて

NHKマイルカップも存在しないプログラムの中で
外国産馬はGIを諦めるしかないようなプログラムでした。
(皐月賞も日本ダービーも外国産馬は出られませんでした)

 

そんな中、スピードワールドは出来てたんですね~

当時、1600mで行われていた京成杯を6馬身ぶっちぎり
その後に出走したクロッカスステークスでも単勝1.1倍で完勝

「絶対に無理」とされていた3歳馬でしたが
安田記念では3番人気に推されました。

 

私はこの3番人気に対して冷ややかな目で見ていました。

「いやいや、いくら強いって言っても3歳馬は無理でしょ!」

と思って、まったく馬券を買いませんでした。

 

しかし、レースが始まるとスピードワールドは
最後方付近から上がり最速の豪脚を披露して
3着まで追い込んできました。

1着タイキブリザード、2着ジェニュインには勝てなかったものの

「スピードワールドここにあり!」

という強い競馬を見せて、最高にカッコイイなぁ
と思った事を鮮明に覚えています。

典型的な早熟馬でその後は一度も勝つことなく引退してしまいましたが
競馬ファンの心に残る馬でしたね~

という事で、安田記念の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

安田記念は2点勝負で的中できる!

本命の相手となる穴馬はあの2頭だ!

競馬セブンでは安田記念で確信を持てる本命馬と
勝負気配がズ抜けている穴馬2頭の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

昨年の安田記念では万馬券を1点勝負で仕留めた競馬セブン

安田記念3点勝負買い目も無料公開します!

知らないと絶対に損する極秘情報を堪能して下さい。

安田記念3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週は安田記念が行われます。


(写真は2017安田記念 サトノアラジン)

春の短距離王を決定するのにふさわしいメンバーが揃った上に
大阪杯を勝ったスワーヴリチャードがマイル初挑戦と
豪華なメンバーが集結したレースになりました。

どの馬も一長一短という事でオッズは割れそうなので
相手をしっかりと絞っていけば
回収率の高い馬券を取れそうです。

という事で、私が安田記念で最も買ってはいけないと思っている
期待値の低い馬を1頭挙げたいと思います。

 

2018安田記念で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

リスグラシュー

です。

 

 

リスグラシューは前走のヴィクトリアマイルで2着に入り
牝馬ではトップレベルの力を持っている馬です。

マイルは得意な距離でウオッカに続く、
ヴィクトリアマイルからの好走を狙う馬です。

 

前走のヴィクトリアマイルで一番強い競馬を見せて
このままの勢いでパフォーマンスを上げてもおかしくない
リスグラシューですが、なぜ2018安田記念で
危険な人気馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

安田記念のコース分析

安田記念2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

安田記念2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

リスグラシューの不安要素

ヴィクトリアマイル経由はきついローテーションである

先ほどリスグラシューがヴィクトリアマイルで2着に入った

という話をしましたが、ヴィクトリアマイルを走ってから
安田記念に出走してきた馬は成績が良くありません。

 

以下は安田記念における過去10年の前走レース名別成績です。

ヴィクトリアマイルから安田記念に挑んだ馬の成績は

【2.0.0.8】

となっていますが、

この2勝はウオッカの2勝のみ

 

歴史的名牝であるウオッカを除外すると
8頭出走して1頭も馬券に絡めていない

という壊滅的な成績になっています。

 

牝馬にとって、春の最大の目標はヴィクトリアマイルです。

リスグラシューも阪神牝馬ステークスを3着にまとめて
叩き3走目のヴィクトリアマイルで全力投球してきたことは容易に想像できます。

100%の状態に持っていったヴィクトリアマイルを考えると
安田記念は最高の出来に持ってこれたとしても現状維持

普通に考えれば出来が落ちて当然だと言えるので

“リスグラシューはヴィクトリアマイルほど走れない”

と言えます。

 

加えて、ヴィクトリアマイルから安田記念は中2週

 

出来が維持できない事に加えて
ヴィクトリアマイルで走ったダメージ・疲労も当然残っている訳で

“現状維持できている可能性は極めて低い”

と言えますね。

 

GIの連戦に弱いリスグラシュー、安田記念は厳しい?

リスグラシューは2歳時からトップレベルの舞台で
結果を残し続けている強豪馬ですが

その成績を見てみると大きなレースを使った後に
反動が出て、凡走している事が分かります。

 

リスグラシューの過去の成績を見てみると

チューリップ賞 3着

桜花賞 2着

とGI桜花賞で2着にはいった後に

オークス 5着

とパフォーマンスを落としています。

 

秋シーズンの成績を見てみると

ローズステークス 3着

秋華賞 2着

とGI秋華賞で2着にはいった後に

エリザベス女王杯 8着

とパフォーマンスを落としています。

 

リスグラシューは馬体も小さく、
気持ちで走るタイプの馬なので
1戦ごとの消耗度合いが大きく

「大舞台を走ると疲労が残る」

という特徴があります。

 

リスグラシューの今回の臨戦を見てみると

東京新聞杯 1着

阪神牝馬ステークス 3着

ヴィクトリアマイル 2着

とGIヴィクトリアマイルで2着にはいった後のレース

安田記念ではパフォーマンスを落とす可能性が高いです。

 

以上、2つの理由から

2018安田記念で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

リスグラシュー

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

前走のヴィクトリアマイルで2着に入った強豪リスグラシューですが

ヴィクトリアマイルから中2週のローテーションも厳しいですし

リスグラシュー自身もGIでの反動があるタイプなので

安田記念では状態を保てない可能性が高い存在です。

2018安田記念ではリスグラシューを切って勝負したいですね。

 

 

2018安田記念で私が注目している馬は
今回の安田記念はベストの舞台だと言えるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。