【2018エプソムカップ予想】サトノアーサーはピークを超えてしまったのか?

Pocket

2018エプソムカップで重賞勝利を狙うサトノアーサーについて
エプソムカップで重賞勝利を飾る可能性
凡走する危険性などについて話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

やっと日大のアメフト部問題が大人しくなってきました。

ここ2~3週間、そのニュースでもちきりだったので
ちょっとお腹いっぱいでしたね~

 

どう考えても悪質なタックルをした学生は悪いし
それを指示したことで間違いない監督やコーチも悪いし
記者会見とかの対応もみていてムカつくし

と誰に非があるのか?
誰が悪いのか?

それは明白ですけど、なんだかみんなでよってたかって
追い詰めるのが好きですよね~

 

私もあのニュースを見ていると心穏やかではなくなりますが
テレビやマスコミに感情を弄ばれているような
気がしてちょっと嫌になります。

かみ砕いていうと、

自分が自発的に腹を立てているのではなく

テレビやマスコミに腹を立たせられている

という感じですね。

 

もともと天邪鬼なので、自分だけがそう感じるのかもしれませんが
この異常ともいえる過熱ぶりはちょっと引いちゃっていました。

日大の対応が不十分なんだから
「教育者の資格なし」として
さっさと国が補助金を打ち切って終わりにすればいいのに…

という感じですね。

まあ、今回の件以外にも、世の中汚い事はたくさんありますからね~

今回のニュースがどんなに話題なっても
人間が綺麗になることなんてないでしょうし

何事も冷静にみていきたいですね。

 



 

エプソムカップで注目を集めるサトノアーサーと私の見解

さて、今週はエプソムカップが行われます。


(2017エプソムカップ ダッシングブレイズ)

 

東京芝1800mで行われる重賞はエプソムカップの他に

毎日王冠、共同通信杯、府中牝馬ステークス

とかなり濃いレースが行われる事からも
この舞台の重賞が面白い舞台であることが分かります。

 

主役はダイワキャグニーです。

ダイワキャグニーは東京も得意だし、器用さも持っているし、
エプソムカップでは外せない存在になるでしょう。


(人気の中心となる ダイワキャグニー)

 

そして、このダイワキャグニーに人気で並ぶであろう
馬がエプソムカップに出走を予定しています。

 

 

その馬の名前は

サトノアーサー

です。

 

サトノアーサーはデビューから2連勝を飾り
圧倒的な人気で臨んだきさらぎ賞では重馬場を苦にして2着

続く、毎日杯では皐月賞馬であるアルアインに敗れたものの
2着をしっかりと確保しました。

日本ダービーは敗れましたが、重賞未勝利の身で
5番人気に支持された実力馬です。

 

その後、神戸新聞杯、菊花賞を出走しますが
重賞を勝つことが出来ず、
ここ3戦はオープン特別を使ってきましたが

秋のGIに向けて再び重賞戦線に戻ってきました。

そんなサトノアーサーはエプソムカップで買える存在なのでしょうか?

 

 

私は

サトノアーサーは期待値の低い馬である

という見解を持っています。

 

デビュー戦からずっと高いパフォーマンスを見せている
サトノアーサーですが
なぜ、今回期待値の低い馬だと言えるのでしょうか?

サトノアーサーの危険要素について検証していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

エプソムカップで買える馬は1頭のみ!!
徹底分析して出てきた結論はあの馬!!

稼ぐための投資競馬サイト「ドリーム万馬券」

今週のメインレースはエプソムカップ

ドリーム万馬券ではエプソムカップの無料情報公開が決定している上に
10万円分のポイントを無料でプレゼント!!

「ドリーム万馬券」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『ドリーム万馬券』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

サトノアーサーの危険ポイントはここ

反応が鈍く、直線でのエンジンのかかりが遅い

まず、サトノアーサーの能力評価からしていきたいと思いますが
今回人気に支持されるであろうダイワキャグニーと双璧

持っているポテンシャルだけでいえば
勝ってもおかしくない馬だと思っています。

 

それだけの能力を持ちながら危険だと思っている要素はどこなのか?

話していきたいと思います。

 

サトノアーサーのこれまでの成績を見てみると
神戸新聞杯こそ先行策に出ましたが、それ以外のレースは

後方待機で競馬を進めて、最後の直線に賭ける

という形を取っています。

 

最後の直線ではそれなりに伸びてきて
GIレース以外では馬券圏内を確保していますが

毎回のようにギアチェンジが遅く
ゴール前でやっと伸びてくるようなレースをしています。

ディープインパクト産駒はスピードと瞬発力がウリの種牡馬ですが

サトノアーサーには末脚の威力こそあっても瞬発力がありません。

近3戦はオープン特別、2着に入った毎日杯ときさらぎ賞は
8頭立てと少頭数で行われた競馬だったことを考えると

G3と格上げになり、多頭数が予想される
エプソムカップではトップスピードに上がる前に
ゴール板を通過してしまう可能性があります。

 

エプソムカップの過去10年における
4コーナーでの順位別成績を見てみると

となっており、差し馬には非常に不利な条件になっています。

神戸新聞杯のように先行策が取れれば
十分に勝ち負けできますが
今までと同じ内容の競馬では

サトノアーサーにとって勝機が薄い

と言えます。

 

 

上がり3ハロンのタイムはそれほどでもない?

サトノアーサーのイメージは?

と言われたら

“強烈な末脚”

と、答える人が多いかもしれません。

 

果たして、本当にサトノアーサーの末脚は破壊力があるのか?

過去の好走したレースから上がり3ハロンのタイムから見てみます。

メイステークス 2位 34.1秒 (1位 33.9秒)

洛陽ステークス 1位タイ 36.6秒 (3位 36.8秒)

リゲルステークス 2位タイ 33.7秒 (1位 33.3秒)

神戸新聞杯 3位 34.4秒 (1位 33.9秒)

毎日杯 1位 33.3秒 (2位 33.4秒)

きさらぎ賞 2位 36.0秒 (1位 35.9秒)

シクラメン賞 1位 32.7秒 (2位 33.0秒)

新馬戦 1位 35.3秒 (2位 35.4秒)

 

と毎回メンバーの中でも屈指の上がりタイムを記録していますが
決して他の馬に圧倒的な差をつける末脚を披露できていない事が分かります。

サトノアーサーは直線に入ってからの反応が遅く
ゴール前付近でトップスピードに入るため
物凄い末脚を見せているように見えますが

記録で見るとそれほどの豪脚は見せられていません。

 

厩舎も一流で良血馬。

ディープインパクト産駒でゴール前は伸びる

これらの要素から毎回人気に支持されますが
人気ほどのパフォーマンスを見せられていないのは確か

人気先行型の馬であることは間違いなく

期待値の高い馬だとは言えません。

 

以上2点から

2018エプソムカップにおいて

サトノアーサーは期待値の低い馬である

という結論に達します。

 

 

まとめ

3歳時は毎日杯、きさらぎ賞で2着、神戸新聞杯で3着という
実績を持つサトノアーサーはエプソムカップでも人気になることが予想されます。

ただ、サトノアーサーの脚質的に
エプソムカップの舞台は決して有利とは言えず

人気と比較するとそれほど高いパフォーマンスを
見せられていない事を考えると

エプソムカップでは期待値の低い馬だと言えます。

 

2018エプソムカップで注目している馬は
この舞台なら脚質の利を活かせそうなあの馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。