【マーメイドステークス2018】過去10年のデータ分析|先行馬が圧倒的有利な舞台

Pocket

2018マーメイドステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
マーメイドステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

最近、ファミレスとか公共の場といえるところで
ボリュームをMAXにしてyoutubeを見ている人を
多く見かけるようになりました。

まあ、そういった場でアホみたいに大騒ぎしている人達もいたりして

「そいつらと何が違うんだよ!」

と思う人もいるかもしれませんが

私的にはかなり不快指数が上がる行動でした。

そもそも大騒ぎするような人達に対しても
かなり不快に思ってしまうタイプなんで
youtubeだけが悪いとは言いませんけどね。

もう少し静かに食事をさせて欲しいなぁ

と思う今日この頃ですよ。

 

時代は変わっているのか?

ただ単に私が神経質なだけなのか?

ちょっと分からないですけどね。

「食事は静かに楽しみたい」

というヨーロッパの貴族的な事を
のたまわってしまいますね。



 

さて、今週はマーメイドステークスが行われます。


(2017マーメイドステークス マキシマムドパリ)

“マーメイド”というくらいですからね。

牝馬同士の争いになるわけですが
GIの大舞台が終わった夏前に行われるレースなので
当然のことながらメンバーが揃いません。

 

私の記憶としてはエアグルーヴが
骨折明けで出走して完勝したマーメイドステークス
一番インパクトがあるわけですが

一昔前は

アドマイヤグルーヴ、ローズバド、フサイチエアデール

などの強豪馬も活躍していたので
近走の出走メンバーと勝ち馬を見てみると
ちょっと寂しい気持ちになったりします。


(2004年マーメイドステークス アドマイヤグルーヴ)

 

そんなマーメイドステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

エプソムカップで楽勝と噂されている馬はあの馬!!
確勝級の情報が飛び交うエプソムカップは簡単なレース!

独自のロジックを使って予想する競馬サイト「FUN競馬」

今週のメインレースはエプソムカップ

FUN競馬ではエプソムカップの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「FUN競馬」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『FUN競馬』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

マーメイドステークス過去10年(6年)のデータ分析

夏のハンデ戦は先行馬が有利

まず、最初に注目したのはマーメイドステークスの脚質です。
以下はマーメイドステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

マーメイドステークスが行われる舞台は
阪神芝2000m内回りコースですが

“先行馬が有利なレース”

となっています。

 

大阪杯や鳴尾記念など他の阪神芝2000m重賞を見てみると
差し馬の方が有利なレースになっていますが

マーメイドステークスについては
牝馬同士のレースという事もあり
先行馬に対する圧力もそれほど大きくない事から

先行馬の方が有利な結果となっています。

 

ちなみにマーメイドステークスにおける枠順別成績を見てみると

1枠から8枠までフラットな結果となっており

“枠順の有利不利はありません”

 

一般的に先行馬が有利なレースは
内枠が有利な事が多いですが

このあたりがリンクしていないのは

外枠が有利な阪神競馬場である点

阪神芝2000mというコースがそもそも差し有利な形態である点

などが原因だと言えそうです。

「とにかく枠順は関係ない」

と思っていた方が良さそうですね。

 

格よりも勢い!夏らしいレース

次にマーメイドステークスの前走クラス別の成績を見てみましょう。

GIから出走してくる馬の成績が非常に悪く
オープン特別や条件戦から出走してくる馬の
成績が良いことが分かります。

“夏場は格よりも調子”

という言葉は競馬ファンが良く聞く言葉ですが
この格言通り実績のある馬よりも
実績はなくとも勢いのある馬が強い事が分かります。

 

「勢い」という点に関連したデータとして
マーメイドステークスにおける斤量別成績を見てみます。

ハンデ戦らしく51.5kgから53kgとハンデが軽い馬が
好成績を収めていることが分かります。

先行馬が有利な舞台なので
斤量の軽い馬の方が先手を取りやすい

という点はもちろんありますが

条件戦上がりの勢いのある馬が
軽量のハンデを貰う事が多く
「勢い」に加えてハンデ戦という要素が
好走に繋がっている事が分かります。

マーメイドステークスは斤量の軽い馬を狙いたいですね

 

機動力とレースセンスの高さが物を言う

最後にマーメイドステークスの年齢別成績を見てみましょう。

能力的に優れていると言える

“4歳馬が全く活躍できていません”

5歳馬の成績もイマイチ振るわず、6歳・7歳馬が好成績です。

 

ベテラン勢が活躍できるレースという事で
求められるのは絶対能力では無く

“立ち回りの上手さや機動力といったレースセンス”

です。

キャリアのある馬の方がレースは上手なので
経験値を踏まえて予想をしていきたいですね。

 

またマーメイドステークスの馬体重別成績だけ見てみてみます。

一般的に成績が良い馬体の大きな馬が苦戦をしており
軽量馬が活躍しています。

先ほどから何度も話に出ていますが

マーメイドステークスはレースセンスが問われるので
馬体が小さく小回りが利く馬が有利です。

 

馬体の大きさはともかく
「小回りの利く器用さ」は重要ですね。

 

 

以上が2018マーメイドステークスを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

マーメイドステークスは阪神芝2000m内回りコース
というコースで行われますが

先行馬が有利なレースとなっています

ハンデ戦に加えて小回りコースと言う事で

能力の高さよりもレースセンスの高さ

が問われるレースになっています。

馬の機動力を冷静に分析して、勢いのある馬の馬券を買いたいですね。

 

 

私がマーメイドステークスで注目しているのは
機動力がありながらも、今回は人気薄になりそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ