【エプソムカップ2018】過去10年のデータ分析|先行馬が圧倒的有利な舞台

Pocket

2018エプソムカップを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
エプソムカップで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

安田記念が終わって、春のGIが終了した

という気持ちになりますね~。

もちろん宝塚記念は残っているんですけど
それ以外のGIは全て終了していて
一段落ついた感はぬぐえないですね。

春のGIを振り返ってみると
伏兵視されていた馬がいっぱい勝ったなぁという印象です。
(1番人気が負けたなぁという感じでもありますが…)

 

皐月賞を勝った エポカドーロ

ダービーを勝った ワグネリアン

このあたりは極めて象徴的ですけど

ジュールポレール、ケイアイノーテック、ノンコノユメ

などなど大穴では無いにしても
主力とされていない馬が勝利したのが印象的でした。


(日本ダービー勝ち馬 ワグネリアン)

レインボーラインとかファインニードルも
人気こそ2番人気ですが、伏兵感が強くて

本命馬がダメだったなぁ

という気持ちにさせられます。

そういった意味ではオークスのアーモンドアイは素晴らしかったですね。

桜花賞でも度肝を抜かれましたが
オークスで改めて完璧な強さを見せつけた形で
ブエナビスタやジェンティルドンナレベルの馬になってくれそうな
期待感が溢れているので、秋のレースが楽しみです。

 



 

さて、今週はエプソムカップが行われます。


(2017エプソムカップ ダッシングブレイズ)

エプソムカップは東京のGIが終わった後の
G3レースという事で、存在感が薄いイメージがありますが

過去に出走した馬(勝った馬)を見てみると
なかなかどうして良いメンバーが揃っています。

 

昨年のダッシングブレイズはイマイチだとしても

サトノアラジン、エイシンヒカリ、ルージュバック

ジェスタウェイ、ダノンシャーク、ダークシャドウ 等々

 

GI級の馬が活躍しているレースである事が分かります。

 

そういった点を踏まえると、G3レースではありますが
かなり注目度の高いレースである事は間違いありませんね。

そんなエプソムカップを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

エプソムカップで最大の注目はこの馬

余力を残さずここはメイチでここは勝って当然!

『ベストレコード』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ベストレコード』に無料会員登録してくれた人には
無料でエプソムカップ勝負馬の情報を教えます。

エプソムカップの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ベストレコードの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

エプソムカップ過去10年(6年)のデータ分析

先行馬圧倒的に有利!差しはまず届かないレース

まず、最初に注目したのはエプソムカップの脚質です。
以下はエプソムカップでの4コーナーでの順位別成績です。

昨年はダッシングブレイズが先行策を打って勝ち
2着のアストラエンブレムも先行策を取った事からも分かるとおり

“圧倒的に逃げ・先行馬が有利”

となっています。

 

 

エプソムカップが行われるのは東京競馬場芝1800m

全体的にはスローペースに流れて
直線での末脚勝負になる舞台ですが
エプソムカップでは末脚が活かされる流れになっていません。

 

一つの要因としては馬場が挙げられます。

この時期の東京競馬場の馬場状態は
前が止まらない馬場になります。

 

エプソムカップに限らず、日本ダービーやオークスなど
春のGIシリーズでも前残り傾向があるので

「前が止まらない」

という事は押さえておかなくてはいけないですね。

ただ、昨年のアストラエンブレムのように
差し馬だと思っていたら先行した

みたいなパターンもあるので
脚質を判断するときは騎手や馬の器用さも
考慮した方が良さそうですね。

 

ちなみにエプソムカップにおける上がり枠順別の成績を見てみると

と上がり1~3位の馬はそれほど成績が良くありません。

この傾向も先行馬有利の馬場では良くあることなので

“エプソムカップは先行馬優勢”

という事が言えます。

 

全体的に堅いレース!無理な穴狙いは禁物!

次にエプソムカップの平均回収率と
1番人気の成績を見てみましょう。

全体の回収率を見てみると

単勝回収率 48%

複勝回収率 64%

と非常に低いことが分かります。

 

平均回収率が低いと言う事は

「堅い決着になっているレース」

だという事が言えます。

 

このグラフの下にある1番人気馬の成績を見てみると

複勝率 80%

複勝回収率 110%

と、極めて高い数値を残しています。

冒頭で話したように

・G3レースながらGI級の馬が数多く出走している点

・広々としていて能力を発揮しやすいコースである点

 

このあたりが堅く収まっている原因となっています。

 

参考までエプソムカップにおける年齢別成績を見てみると

4歳馬が圧倒的に強い

というデータが出ています。

これはエプソムカップに限った話ではありませんが

「若い馬が強いレースは能力通りに収まるレース」

と言えるので

エプソムカップが堅い決着になっている

事を証明するデータになっていますね。

 

先行馬有利のレースに距離短縮ローテは禁物!

最後にエプソムカップの前走距離別成績を見てみましょう。

“距離短縮ローテが圧倒的に不利”

というデータが出ています。

 

エプソムカップは逃げ・先行馬が圧倒的に強い

という傾向にある事は前述した通りですが

一般的に「距離短縮ローテはポジションを下げやすい」

という事が言えます。

 

長い距離のレースを走ったと言う事は
道中のラップ(ペース)が遅くなる訳ですから

距離が短縮されると前走より速いペースに巻き込まれ
ポジションがおのずと後ろに下がってしまう。

という理屈ですね。

 

先行馬が有利なので、

前走は同距離か1600m以下のレースを使っている

事が好走の必須条件となります。

 

参考までにエプソムカップの前走レース別成績だけ見てみましょう。

マイラーズカップ経由馬の成績が良い点が目立ちます。

格上のG2戦、距離延長ローテの2項目を満たしている点が
エプソムカップでの好走に繋がっていますね。

実力が反映しやすい舞台で
先行しやすい距離延長ローテ

“マイラーズカップ経由の馬は要注意です”

 

一方、スローペースでレースが進む上に距離短縮となる新潟大賞典

大一番で究極仕上げを見せた後となるヴィクトリアマイル

の成績が悪い点も頭には入れておきたいですね。

 

 

以上が2018エプソムカップを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

エプソムカップは東京芝1800m

というコースで行われますが

逃げ・先行馬が圧倒的に有利なレースです。

ただ、脚質の有利不利は多少あるものの

“全体的には能力勝負になるレース”

となっています。

馬の力を冷静に分析して、能力の高い馬の馬券を買いたいですね。

 

 

私がエプソムカップで注目しているのは
能力勝負なら出番が回ってくるであろうあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ