新スプリント王へコパノリチャード圧勝!2014高松宮記念回顧

Pocket

昨日行われた春の短距離王高松宮記念

どろどろの不良馬場で行われた厳しいレースでしたが
先行からコパノリチャードが抜け出して完勝しました。

1400mのスワンSで圧勝したように
そのスピード能力は非常に高いものがありました。

初めての1200m戦という事で不安視する声がありましたが
マイルの走りからスプリント戦の方が向く事はわかっていました。

不安要素はハクサンムーンをはじめとする有力逃げ馬が多数いたこと
中京1200m戦は差し馬有利な舞台であること。
この2つでした。

まず一つ目の課題は4番手で折り合いを見せた事でクリア
二つ目の課題は能力の高さでクリア

今後のレースの幅を広げ、能力を見せつけるという
可能性を無限に広げる勝ち方で最高の結果を見せてくれました。

馬場云々の恩恵を問う超えもあるかもしれませんが
スピードの絶対能力はこれまでの走りで見せているので
そこは心配する必要はありません。
今年のスプリント界はコパノリチャードの時代です。

2着には期待したスノードラゴンが入りました。

雨で時計のかかる馬場、差し馬に有利な8枠と
絶好の条件を味方につけました。
典型的なパワー型なので、スピード型の競馬場では買えないタイプ
買える条件、買えない条件がはっきりしているので
馬券的には有益な馬です。

3着にはストレイトガールが入りました。
力を出し切っての敗戦なので今回は仕方ありません。
今後の成長に期待しましょう。

5着ハクサンムーンはスタートが決まりませんでした。
「逃げられない」という今までにない負け方は深刻です。
私はこの馬を軸に買う事はないでしょう。
それくらい致命的な敗戦である事は明白ですね。

4着エーシントップと期待したもう1頭8着マヤノリュウジンの
8枠勢は人気と比較して健闘しましたね。
同じ差し馬のサンカルロ、レッドオーヴァルが惨敗した
結果を見ると中京コースはいかに枠順が影響するかわかりますね。

同じ日に行われたマーチSはソロルが勝利

直線に入っての手応えが良くありませんでしたが
後続に競り勝ったあたりは地力の証明でしょう。

ただ、今回のレースぶりを見ると
スピード勝負は厳しいタイプですね。

今日はあと2つ重賞を振り返ります。
長くなってしまいますが、もう少しお付き合い下さい。

土曜日の注目と言えば日経賞ですね。

こちらはウインバリアシオンが圧勝でした。

4コーナー手前から捲って、直線では後続を突き放す内容は
有馬記念で強い馬がやるレースですね。

とにかく中山2500mという舞台はピッタリです。

能力が高い馬なので、天皇賞・春ももちろん有力なんですが
平坦スピード勝負は向いていないので
今回のレースほど高いパフォーマンスは見せられないでしょう。
この馬を軸に馬券を買う事はオススメしません。

それなら5着に敗れたフェノーメノの方に期待出来ます。

道中からかかりっぱなしで、直線に入ってからの反応も悪い中
最後は詰め寄って3着争いを演じたあたり
いかにも休み明けといったレース内容でした。

東京が一番の得意コースでスピード勝負はお手の物
ウインバリアシオンとも能力は互角で
今回は適性や体調を含め、条件が逆転します。
天皇賞・春はこちらを推します。

2着ホッコーブレイヴは展開に恵まれた面はあるものの
中山の長距離戦なら今後も無視は出来ません。

3着には期待したラストインパクト
能力の壁に当たった印象で、まだ超一流とぶつかると力不足です。
G3レベルなら普通に勝ち負け出来る馬です。

土曜日に阪神で行われた毎日杯はマイネルフロストが勝利

この日は内枠が伸びる競馬が多く最内枠を生かした感じで
メンバーで一番高い能力を持っているという事ではありません。

2着エイシンブルズアイも2枠を生かしましたが
この馬のスピード能力はかなり高く
スピードを生かせる舞台ならもっといい競馬が出来るはずです。

期待したステファノスは3着
早めに抜け出した後に、内から出し抜けをくらうという
アンラッキーな部分はありますが
今回のメンバーで一番将来性がある走りをしました。

瞬発力があるタイプで、京都や東京の方が
もっといい競馬が出来るでしょう。
舞台代わりが狙い目です。

4着ラングレーはスタミナ・パワーが
要求される舞台は得意ではありませんので
京都・東京で走る時に再度注目しましょう。

5着アズマシャトルはそれなりに走っていますが
2歳時と比べて成長曲線が止まったかなという印象。
今後馬券に絡んでいくのはなかなか厳しいでしょう。

レース数が多くて、お腹いっぱいかもしれませんが
次走に繋がる結果や適性がはっきりする結果が出たので
しっかりと記録しておいて次回の馬券考察に繋げて下さいね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。