【2018安田記念予想】スワーヴリチャードはGI連勝出来る馬か?

Pocket

2018安田記念でGI連勝を狙うスワーヴリチャードについて
安田記念で好走する可能性
凡走する危険性について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週のようにお届けしているMOTOの漫画情報ですが
今日は私が読んでおいた方が良いと思っている漫画を紹介したいと思います。

その漫画のタイトルは

「三国志」

です。

 

この漫画は連載が終了してからもう30年くらい経っているんですが
絵柄が日経新聞電子版のCMに使われているように
連載が終了してからも尚存在感を示している漫画です。

私は高校の頃、読んだんですけどね。

何せスケールがデカい物語です。

 

史実なんで、ハッピーエンドという訳にはいかないんですが

仁義、利権、裏切り、葛藤

など様々な人間の本質が見え隠れしてきます。

 

何かときれい事を言いたがる日本人ですが

良い部分も悪い部分も含めて、
人間の本質をちゃんと知らないといけないなぁ

と思います。

 

史実を元に描かれている作品なので
「キングダム」のような派手さはないんですが
60巻にも渡り、丁寧に描かれている

横山光輝さんの「三国志」

は一度見ておいた方がいい漫画ですね。

 

「キングダム」とかも面白いですけどね~

あっちは史実を少なめにしてエンターテイメント色を
強めている漫画なのでちょっと毛色が違う感じです。

 

横山光輝さんの「三国志」についてのレビューを魂込めて書いたので
是非、見てみてください。

キングダムを読む前に漫画「三国志」を見てね

 

さて、安田記念の話にいきましょう。

 

 

安田記念で注目を集めるスワーヴリチャードと私の見解

さて、今週は安田記念が行われます。


(2017安田記念 サトノアラジン)

昨年の勝ち馬であるサトノアラジンと
2着馬のロゴタイプはいませんが
今年は昨年以上に豪華なメンバー構成になりました。

 

昨年のマイルチャンピオンシップ2着馬のエアスピネルこそ
出走回避となっていましたが

マイルチャンピオンシップ勝ち馬 ペルシアンナイト

マイルチャンピオンシップ3着馬 サングレーザー

をはじめとして、

昨年の安田記念3着馬レッドファルクスや

牝馬からはリスグラシュー、ジュールポレール

など豪華なメンバーが揃っています。


(マイルチャンピオンシップ勝ち馬 ペルシアンナイト)

 

そんな一流マイラーが集まる中で

マイル初挑戦となる強豪馬が出走します。

 

その馬の名前は

スワーヴリチャード

です。

 

スワーヴリチャードは前走の大阪杯で悲願のGI初制覇を果たし
最も勢いに乗っている馬ですが

その反面、マイル経験が無く
今回の安田記念で実力を出せるかどうか分からない存在です。

それだけに既成勢力との比較が難しく
馬券を買っていいのかどうか、判断の難しい存在ですが

果たしてスワーヴリチャードは安田記念で
GI連勝を飾ることが出来るのでしょうか?

 

私は

スワーヴリチャードは今回力を出せる馬だ

という見解を持っています。

前走の大阪杯は完勝しているものの
あまりにも不利な1600m初経験という条件で
レースを迎えることになったスワーヴリチャードが、
なぜ、期待できる馬だといえるのでしょうか?

スワーヴリチャードの買い要素について検証していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

安田記念は人気薄の大ヤリ馬が大穴を開ける!
超強気の姿勢を見せるのはあの関西馬

チェックメイトでは安田記念において

「人気がないけど間違いなく馬券に絡める」

と超強気な姿勢を見せている穴馬の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
安田記念で穴を開ける大穴馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

スワーヴリチャードの強調ポイントはここ

安田記念は中距離実績のある馬が強いレース!

スワーヴリチャードは今回マイル初挑戦となりますが
安田記念の過去10年の成績から勝った馬の
安田記念以外のGI成績を見てみると

2016年 ロゴタイプ 皐月賞勝ち

2015年 モーリス 天皇賞秋勝ち

2014年 ジャスタウェイ 天皇賞秋勝ち

2009年 ウオッカ 日本ダービー勝ち

2008年 ウオッカ 日本ダービー勝ち

と半分以上の馬が2000m以上のGIで勝ち鞍を挙げています。

2000m以上のGI勝ちの無い安田記念馬を見てみると

サトノアラジン、リアルインパクト、ショウワモダン、ストロングリターン

と安田記念でしかGIを勝てていない馬がほとんどで
レベルの高くないレースを適性だけで勝った

と判断出来ます。
(ただ1頭の例外はロードカナロア)

 

このことから

安田記念は中距離馬が強いレース

と言えます。

 

中距離馬が強いという事はタフなレースであるという事でもあるので

スワーヴリチャードにとっては歓迎だと言えます。

 

3歳時は東京芝1800mの共同通信杯を勝っていて
2歳時には東京芝1800mの東スポ杯2歳ステークスで
2着に入っているスワーヴリチャードなら
十分に対応が出来ると言えます。

 

 

一枚上の地力に鞍上デムーロ騎手

スワーヴリチャードの全成績を見てみると

【5.3.0.2】

 

着外となった2回は外枠でロスの多かった

2017有馬記念 4着

2017皐月賞 6着

この2回です。

 

前走の大阪杯はGIレースでレベルの高いメンツが集まる中
1番人気に支持されて1着と走っています。

この1戦だけを見ても現在の日本で最強レベルにある事は分かりますが

その他にも

2018金鯱賞 1着(1番人気)

2017アルゼンチン共和国杯 1着(1番人気)

と、ことごとく期待に応えており
その能力は今回の安田記念の中でも頭一つ抜けています。

 

そして、ここに今、日本で一番信頼が置ける
ミルコデムーロ騎手が騎乗します。

デムーロ騎手は昨年GIで大活躍したように
大舞台になればなるほど強い騎手なので

デムーロ騎手が騎乗するという事も
スワーヴリチャードにとっては大きなプラス点となります。

 

まとめ

マイル戦初挑戦となるスワーヴリチャードは
距離の不安を抱えての出走となりますが

安田記念は中距離馬が活躍できるレースであり
距離の適性は問題ないと言えます。

加えて、強豪が集まった前走の大阪杯でも
1番人気に応えて勝っているように
レベルの高いメンバーが集まる今年の安田記念においても

“頭一つ抜けた地力を持っている馬”

である事は間違いありません。

安田記念で高いパフォーマンスを見せる可能性は高い

と言えます。

また、今回はGI請負人のデムーロ騎手が騎乗する事を考えると
人気になる事が予想されますが、

今回のスワーヴリチャードは外せない存在になりそうですね。

 

2018安田記念で注目している馬は
ここで究極的に仕上げてくるであろうあの馬です。
(スワーヴリチャードではありません)

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。