【安田記念2018】過去10年のデータ分析|先行馬が圧倒的有利な舞台

Pocket

2018安田記念を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
安田記念で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

“神経質な人”ってなんだか苦手です。

自分がそう思っているせいか
私の周りには極端に神経質な人はいないんですが
神経質な人の話を聞いているとちょっと疲れてしまいます。

 

なんというか理論的ではないんですよね~

「これが汚い」と思いこんでしまって
実際に菌がいるとかいないとかを
自己流で判断してしまうんですが

ちゃんと学んで得た知識ではないので
間違っている事が多かったりします。

自分は綺麗にしているから菌は一つも存在しない

とか思っている人もいるようですが
菌は普通に人間の周りにいっぱいいますからね。

間違った知識に右往左往して
多くの労力を使ってしまうのは勿体ない限りです。

 

 

私的にもあまりにも汚いのは嫌ですが

「自分が楽しく生きる」

という事を最優先事項にしているので
多少の事は気にせずに楽しく生きていこうと思います。

多少、菌があっても死にはしませんし
ある程度、菌があった方が抵抗力がつくので
気にしないでいきましょう!!

 



 

さて、今週は安田記念が行われます。


(2017安田記念 サトノアラジン)

春のマイル王決定戦という事で
毎年濃厚なメンバーが出走してきます。

 

昨年はサトノアラジンが勝ちましたが

モーリス、ウオッカ、ロードカナロア

など強い馬が勝っていますし
ここ数年はかなりレベルの高い戦いが展開されているなと思います。

今年もスワーヴリチャードなどマイルを主戦としていない
一流馬も出走してくるので
レベルの高いレースになりそうですね。

 

そんな安田記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

安田記念はあの馬以外を勝ってはいけない!!
徹底分析して出てきた結論はあの馬!!

稼ぐための投資競馬サイト「ドリーム万馬券」

今週のメインレースは安田記念

ドリーム万馬券では安田記念の無料情報公開が決定している上に
10万円分のポイントを無料でプレゼント!!

「ドリーム万馬券」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『ドリーム万馬券』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

安田記念過去10年のデータ分析

脚質の有利不利はなし!展開は考えなくて良い

まず、最初に注目したのは安田記念の脚質です。
以下は安田記念での4コーナーでの順位別成績です。

先行馬と差し馬の複勝率、複勝回収率を比較してみると

“展開による有利不利はない”

と言えます。

 

東京は直線が長いコースですが
基本的には前に行く馬の方が成績が良いです。

ただ、開催が続いて馬場が悪化していく点

GIという事で各馬の仕掛けが早くなる点

などが差し馬が互角に台頭できる理由になっています。

 

上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

上がり3ハロンが1~3位の馬が好成績を収めています。

上がりの速い馬が安定した成績を収めている点を考えると
差し馬にチャンスのあるレースである事が分かりますね。

 

 

淀みない流れで消耗戦が求められるレース

次に安田記念での種牡馬別の成績を見てみましょう。

1位はディープインパクト産駒となっていますが
複勝率を見てみると20%と非常に低い数値になっています。

直線が長く、広々としたコースで行われる安田記念なら
「ディープインパクト産駒の末脚が存分に発揮される」
と思いがちですが、そうはなっていません。

昨年のロゴタイプのレースぶりが象徴的ですが
安田記念は速い流れになり

“ディープが得意な脚を溜めて直線で弾ける”

というレースが出来ていないという事ですね。

 

直線の長い東京コースでの競馬ですが

安田記念は持久力勝負になっている

という事は頭に入れておいた方がいいですね。

 

安田記念における前走着順別の成績を見てみると

前走で1,2着の馬がそれほどいい成績を残せていません。

先ほども話したように安田記念は持久力勝負の
タフなレースになるので

“余力のある馬の方が好走できる”

という事が言えます。

昨年勝ったサトノアラジンも前走で大敗して
力を使いきれなかった事もあり
安田記念で激走できたと言えます。

 

我慢比べになれば、ベテラン勢の出番

最後に安田記念の年齢別成績を見てみましょう。

3歳馬の成績は参考外としても

4歳馬の成績が一番悪く、続いて5歳馬の成績が悪い

というデータが出ています。

 

持久力勝負のタフな流れになる安田記念では

“忍耐力に優れるベテラン勢の方が優勢です”

 

今年はスワーヴリチャード、ペルシアンナイト、リスグラシュー

と4歳馬が多数出走を予定していますが
果たして結果はどうなるのか?

気になるデータですね。

 

最後に安田記念の枠順別成績を確認してみると

“枠順別の有利不利はありません”

脚質の有利不利もなければ、枠順の有利不利もない

“極めてフラットなコースになっている”

事が分かります。

 

 

以上が2018安田記念を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

安田記念は東京芝マイルコースで行われるレースですが

展開の有利不利、枠順の有利不利はありません。

一見、癖のないレースのように見えますが
持久力勝負のタフな流れになるレースなので

“余力のある馬が強いレース” です。

前走内容・ローテーションなどを考慮して
予想を組み立てたいところですね。

 

 

私が安田記念で注目しているのは
持久力勝負は持ってこいのあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ