再戦!エピファネイアvsキズナ!2014大阪杯有力馬紹介と展望

Pocket

今週行われる重賞は今年最大の注目ともいえるG2大阪杯と
中山競馬場で行われるダービー卿チャレンジトロフィーです。

大阪杯には超一流馬が3頭出走します。
ダービー馬キズナ、菊花賞馬エピファネイア
GI3勝馬メイショウマンボ

世間では三つ巴の争いとなっていますが果たしてどうか
1頭ずつ見てみましょう。

まずはダービー馬キズナです。

昨年秋凱旋門賞を走ってから、有馬記念を回避
今回はどの辺りまで状態が回復しているかが課題となりますが
ニエル賞と凱旋門賞はキズナが得意としていない馬場での
競馬であったにも関わらず、あれだけの走りをした事を考えると
成長力がある事は間違いありません。

能力の絶対値が高く、よほど状態が悪くなければ
勝ち負けは間違いないところ。
その状態も有馬記念を回避して大事をとったくらいですから
心配しなくていいでしょう。

次に菊花賞馬エピファネイア

昨年の春は激しい気性を抑えるのに苦労して
力を出し切れないレースが続きましたが秋は一変
成長した姿を見せてくれました。

その成長度合いは凄まじく馬が完成されたといっても
過言ではないレース内容を見せてくれました。

今回強敵が揃っていますがエピファネイアが
その強さを証明するようなレースになるでしょう。

そしてGI3勝馬メイショウマンボ

実績と能力は素晴らしい物があり
パワー型なので、舞台は合います。

ですが、強豪牝馬が牡馬と戦うには一つ壁があります。
壁を超えられるかどうかで私の中で2つのタイプに分けています。
そしてそのタイプをこう名付けています。

<ブエナビスタ型>
牡馬に混じっても互角以上の走りを見せるスーパー牝馬
例:ウオッカ、ダイワスカーレット、ジェンティルドンナ

<アパパネ型>
牝馬限定戦は強いが牡馬に混じると力が落ちてしまう馬
例:スティルインラブ、メジロドーベル、カワカミプリンセス

メイショウマンボがどちらに属するのかという点はまだ未知数で
私がマンボの今までの走りを見る限りはアパパネ型に
属するのかなという見解を持っています。

これは実際に走ってみないとわからないのですが
アパパネ型だと断定している以上は
今回は厳しいと結論付けたいと思います。

その他ではGI級の地力があるショウナンマイティや
パワー型の馬場を得意としているフラガラッハ
古豪ダークシャドウなどが出走を予定しています。

もう一つの重賞ダービー卿チャレンジトロフィーについても
有力馬を簡単に紹介しておきましょう。

こちらの注目は桜花賞馬アユサン

地力面から今回は苦しいと思いますが
ヴィクトリアマイルに向けていい走りを見たいです。

実績上位ながら成長が見られないコディーノ
今回も人気するであろう点から危険な人気馬です。

それならば前走で覚醒した感じのあるレッドアリオン
出遅れ癖が顔を出さなければ好走は間違いないでしょう。

トリップやマウントシャスタなども
実績と勢いのバランスが取れており狙える馬ですね。

今年の競馬界の主役を担うであろう
エピファネイアとキズナの戦い

楽しみですね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。