【日本ダービー2018有力馬危険度分析】ダノンプレミアムは休み明けで勝てる?

Pocket

ここでは日本ダービー2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるダノンプレミアムの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

「伝言ゲーム」って知っていますか?

何人かが列になって順番にある言葉を伝えていきます。

 

例えば、

「日本ダービーでキタノコマンドールとステルヴィオは
どっちが前のポジションで競馬すると思う?」

 

という言葉を隣に人に伝えて
隣の人が更にその言葉をそのままもう一つ隣の人に伝えて

という事を繰り返していると

「キタノコマンドールと前に行くステルヴィオ勝つのはどっち?」

みたいにどんどんと言葉が変わってきてしまい
最終的に最初に言ったことと内容が違ってしまうんですよね。

 

伝える言葉がどれだけ正しいかを競うゲームなんですが

人間は与えられた情報を正しくインプット出来ない
そして得た情報を正しくアウトプット出来ない

というところから、このゲームが始まっています。

 

 

私もこういうブログを書いたりしていると
正しく文章を読み取って貰えない事が多々あります。

「○○という馬は危険要素が多い」

という言葉が

「○○という馬は100%馬券に絡まない」

みたいに捉えられたりして

 

「100%来ないって言ったじゃないですか!!」

みたいなメールを貰う事がたまにあります。

 

「情報の受け取り方」って凄く大切ですよ。

ワイドショーとかでやっている一方的なテレビ側の報道を
100%信じちゃう人とかは厳しいんだろうなぁ

と思ってしまいます。

情報を自分の都合のいいように解釈してしまうと
最終的に困るのは自分自身ですからね~

自分を守るためにも情報を冷静に受け止めるようにしたいものですね。

 



 

さて、今週は日本ダービーが行われます。


(2017日本ダービー レイデオロ)

日本にいる全ての競馬関係者が目標とするレースですね。

昨年は日本ダービー2着を何度も経験していた
藤沢厩舎のレイデオロが勝利して
悲願のダービートレーナーになりましたね。

 

今年も日本ダービーを勝てば初のダービージョッキーになる人や
ダービートレーナーに人がたくさんいます。

もちろんレースには注目ですが
こういった人間ドラマにも注目ですね。

 

今年の出走メンバーを見てみると

皐月賞に出走できなかった ダノンプレミアム を始め

皐月賞を勝った エポカドーロ

皐月賞で1番人気に支持された ワグネリアン

などが出走を予定


(有力馬の1頭 ダノンプレミアム)

 

これ以外にも皐月賞で上位に入った

サンリヴァル、ジェネラーレウーノ、

ステルヴィオ、キタノコマンドール

 

青葉賞を勝った ゴーフォザサミット

京都新聞杯を勝った ステイフーリッシュ

など力差の無いメンバーが揃っています。


(皐月賞で4着に入った ステルヴィオ)

そんな日本ダービーで良い予想をすべく、
出走を予定している有力馬について
予想の参考になる見解を話していきたいと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

日本ダービーで指数1位になるのはあの馬!!

データ指数を使った競馬サイト「うまコラボ」

今週のメインレースは日本ダービー

うまコラボでは日本ダービーの無料公開が決定しています。

今週中にうまコラボに無料登録して貰えれば「日本ダービー」
「目黒記念」のデータは無料で見られる上に
「日本ダービー」の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて
日曜日お昼頃に無料公開されます。

「うまコラボ」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『うまコラボ』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

日本ダービーの有力馬の危険要因と買い要素

ダノンプレミアム

皐月賞は出走できませんでしたが
弥生賞や朝日杯フューチュリティステークスを完勝しているように
現3歳世代ではナンバーワンの存在であるダノンプレミアム

弥生賞からの直行がどうかという点が最大の焦点ですが
ローテーション的にはプラスの要素はありません。

距離の不安も全く払拭された訳では無いですし
下馬評ほど万全の体制では無いと言えますね。

 

キタノコマンドール

皐月賞では5着と力を見せたキタノコマンドール

すみれステークスからの臨戦と考えれば
十分に健闘したと言えますが
まだGIで通用するほどのパフォーマンスは見せられておらず
未知の魅力で戦わなくてはいけない馬だと言えます。

皐月賞から引き続き手綱をとるデムーロ騎手の手綱さばきにも注目です。

 

エポカドーロ

皐月賞では横綱競馬で完勝したエポカドーロ

3頭が大逃げする展開であったり、
馬場が渋ったりした事が味方したのは確かですが
スプリングステークスよりもワンランク上の走りを見せたので
日本ダービーでどこまで成長できるかがポイントとなります。

舞台適性面ではマイナスとなりそうですね。

 

ワグネリアン

皐月賞は馬場悪化、内枠という二重苦で
まともな競馬をする事が出来なかったワグネリアン

皐月賞は不完全燃焼だっただけに
まだ余力がありますし、直線が長く伸び伸びと走れる
日本ダービーは絶好の舞台となりそうです。

あとは大舞台に弱い福永騎手がどのように
ワグネリアンを操るのか、注目です。

 

ステルヴィオ

皐月賞は前残りの流れの中をただ1頭差してきた
ステルヴィオは直線の長い日本ダービーで巻き返しを図ります。

最後方付近に控えて、溜めた力を直線で発揮する

という形でレースをしているステルヴィオですが
日本ダービーは差し馬にとって不利なレースなので
どのポジションでレースが出来るのかがポイントとなります。

 

サンリヴァル

ホープフルステークス、弥生賞と惜しい競馬を見せていた
サンリヴァルですが、皐月賞では2着と結果を出しました。

ルーラーシップ産駒らしい豊富なスタミナでの
持久力勝負が得意なタイプの馬なので
ある程度レースを引っ張る存在が欲しいところです。

逃げまでを視野に入れて強気の競馬が出来れば
前走に続いての好走は可能でしょう。

 

ゴーフォザサミット

青葉賞では並み居るディープインパクト産駒を破って
日本ダービーへの権利を勝ち取ったゴーフォザサミット

共同通信杯、スプリングステークスと負けていましたが
ゴーフォザサミットの個性に合わない後方からの競馬だったことを考えると
青葉賞で本当の実力を見せたと言えます。

能力的に一枚劣る点は否めませんが
舞台適性と勢いを考えれば一角崩しは考えられる馬ですね。

 

まとめ

今年の日本ダービーは

ダノンプレミアムがいますが混戦

です。

主役のダノンプレミアム

が能力的に抜けているのは確かですが
舞台適性、ローテーションともに疑問が残る状態なので

皐月賞で苦杯を舐めた末脚自慢の馬達

ステルヴィオ、キタノコマンドール、ワグネリアン

あたりにもチャンスがありそうですね。

実力がある馬も伏兵視されそうなメンバー構成なので

波乱も考えられそうですね。

 

 

2018日本ダービーで私が注目している馬は
今回最もバランスが良い状態で出走してくるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。